【ほうれい線も解消!】初めてのヒアルロン酸注入で気をつけることは?

美STドクターグランプリ時の「やりたい治療」でも常に上位のヒアルロン酸注入。ダウンタイムなく、「マイナス10歳もナチュラルに!」をテーマに2021年ドクターグランプリ1位のニューフェイスエステティッククリニックのドクター吉澤先生が法令線や顔の凸凹悩みなど中・下半顔悩みを解消。美容医療ビギナーにもお勧めのヒアルロン酸注入入門編をお届けします。

小鼻の凹みに打つ貴族注射でエイジング悩みを浅く

法令線やマリオネットラインは顔面骨のエイジングによる萎縮により、たるみが生じて起こる老け顔の症状。法令線は頰の下垂による「山」と小鼻(鼻翼)横の凹みの高低差が原因。貴族注射は横に広がる小鼻を杭打ち、骨膜上に注入し谷を浅くし法令線も浅くします。
この貴族注射の注射部位はネクローシス(necrosis=壊死)に気をつけなければならないので、解剖学に熟知し、注入技術が信頼できるドクターを選ぶことが大前提。マリオネットラインの場合は、マリオネットラインに少量とアリアナリフトのようにフェイスラインに沿って注入。

ほうれい線が薄くなり、下半顔のもたつきもスッキリ

目の下、ゴルゴ線、法令線など適材適所に注入して乱れた輪郭曲線を整え、凸凹感をなくし、メリハリのある立体感を造りながら元気顔に。入れすぎに注意しながら無駄な影をなくすだけでも忘れかけていたあの頃のハツラツさ!
吉澤先生のヒアルロン酸の仕上がりはとにかく優しい柔らかな印象。すぐに疲れ知らずの幸せ顔に見えるヒアルロン酸は、流行に関係なく鉄板メニュー。読者さんは皆さんスマイル!美容医療の醍醐味です。
施術したのは……ニューフェイス エステティッククリニック 院長 吉澤秀和先生
2021年ドクター大賞1位。似合わせ美容医療が読者から熱い支持を受ける。東京皮膚科形成外科 Dr.池田の「バレたら失敗」をしっかり引き継ぎながら、美容医療の裾野を拡大中。
●ニューフェイスエステティッククリニック
港区麻布十番4-1-1MAXPLANAZABU10ビル5F ☎︎03-6722-6795
ヒアルロン酸0.1cc ¥11,000。エステの延長、通いやすさをコンセプトに2021年オープン。ヒアルロン酸だけでOKなのか、ボトックスも必要なのか、何でも聞きたくなる吉澤先生が◎。HP:https://newface.clinic/

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』4月号掲載
撮影/清水ちえみ 取材/Dr.ウサコ、兵藤美香 編集/小澤博子
PICK UP
注目記事