上まぶたは盛らない! 大人の【小顔に見える】アイメイクの3つのポイント

マスクがあってもなくても、小顔に見せるポイントはアイメークにあり!顔の中央にキュッと寄せる中顔面短縮メークを抑えれば、若見え効果も叶います。

最重要!マスクON/OFFでも常に見えてるアイメークをマスター

① 上まぶたのアイシャドウは淡くシンプルに
② アイラインはミニマルに、上まつ毛は盛らない
③ コンシーラーでクマをオフ
④ 眉毛は淡く太く、下に描き足す
⑤ 明るい色みの艶めきシャドウをきちんと効かせる
⑥ こっくりブラウンのマスカラで下まつ毛を長く長く
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 吉﨑沙世子さん
美ST初登場。トレンド感ある洗練ヘアメークが大人気。20代向けのキャッチーなメークから美ST世代の悩みに寄り添うメークまで幅広く対応。ファッション誌・美容誌で活躍中。

1:【上まぶた】は盛らないが原則!軽く最小限にメーク

左から、産毛までキャッチしてきれいにセパレート。日本人の目幅に合わせたコンパクトな設計のブラシ。パーフェクトエクステンションマスカラ ブラック ¥1,650(D-UP)、上端の3枝はまつ毛の際埋めを素早く、下端は目尻ラインを美しく描ける便利なダブルエンドが人気。ウォータープルーフでにじまず、かつ、お湯オフが可能。フジコ 仕込みアイライナー 04 ¥1,628(かならぼ)、スチーミーマットなテクスチャーでマットなのに軽いつけ心地。優しい色みと艶でほんのり陰影をプラス。アイグロウ ジェム BE303 ¥2,970(コスメデコルテ)
①まずは下まぶたに使ったコンシーラーの薄いほうの色でくすみをオフ。アイホール全体に均一にベージュのアイグロウジェムを塗り、控えめに仕上げます。
②締めすぎない柔らかいブラウンのライナーでまつ毛の間を埋め、目尻は跳ね上げずすっと流します。まつ毛はビューラーを使わず黒マスカラを軽く塗ります。

2:【下まぶた】はアイシャドウとマスカラで伸びた頰の余白をぐっと縮めて

左から、高密着のラメとこの絶妙な赤みが大人の目元に上品な華やかさをプラス。キャビアスティック アイカラー R4 ¥3,300(ローラ メルシエ ジャパン)、短いまつ毛も上手にキャッチ。まつげくるん つけまつげ用 EH-SE70 白 ¥3,300〈編集部調べ〉(パナソニック)、こっくりとした明るめのブラウンなのでたっぷり塗っても強くなりすぎず、ブラシのカーブが下まぶたに塗りやすい。ブルーミングラッシュ ニュアンスカーラー 05 ¥3,300(ジルスチュアート ビューティ)、2色のパレットは色の配合自由自在。上まぶたは明るい色で、下まぶたは暗い色で消すと自然に下重心の目元に。RMK フローレスカバーコンシーラー 02、04 SPF26・PA++ ¥5,060 ※税込セット価格(RMK Division)
①右上のコンシーラーの濃い色をコンシーラーブラシで置くようにのせ涙袋の下まで指でぼかします。コンシーラーの色みを上まぶたより1トーン濃い色にしてベースから下重心に仕込みを。
②左上のペンシルアイシャドウを目頭と目尻の際を外し、涙袋全体に均一の太さでしっかりと発色させます。華やかな艶めきと赤みできっちり下重心に、中顔面の距離を短く見せていきます。
③下まつ毛ははっきり発色するブラウンのセパレートタイプを使い、下に下にブラシを動かします。特に中央はたっぷりと。先ほどのせたシャドウにまつ毛の影が加わりより下重心に。
④下まつ毛だけホットビューラーを使用。根元からなぞるようにまつ毛をとらえ、毛先のところで3秒押しあてます。中央をしっかり下げることがポイント。

3:淡い色の【眉毛】で自然に目と眉の距離を近づける

左から、軽いテクスチャーで毛を固めることなく毛流れを美しく調整、優しげな印象に。ジェルスルシル 102 ¥3,850(クレ・ド・ポー ボーテ)、ほんのり赤みのあるまろやかなブラウンが肌に馴染み自然な影を作ります。柔らかい粉質で色をのせやすく、汗や皮脂にもにじみにくい処方が嬉しい。3D コントロール アイブロウ 02 ¥7,150(SUQQU)
①地眉より1トーン明るいブラウンのアイブロウマスカラで目頭側は上方向、それ以外は下方向へ、眉を目に近づけるイメージでブラシを動かします。
②眉の下側にアイシャドウブラシでパウダー中央の色を使い影を作るように広めに描き足します。太め眉でもライトブラウンだから自然。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』5月号掲載
撮影/岡本 俊〈まきうらオフィス〉(人物)、大槻誠一(静物) ヘア・メーク/吉㟢沙世子〈io〉 モデル/香川絵馬 スタイリスト/Toriyama悦代(One 8 tokyo) 取材/稲垣綾香 編集/長谷川千尋