レジェンド藤原美智子さん流【今っぽい顔になれるコスメ】の選び方

藤原美智子さんが42年間のヘア・メーク人生でずっと変えてきたのが「色」と「質感」。ここを変えるだけでグッと今っぽい、トレンドをおさえた顔になるんです。では、その選び方のコツって?藤原さんに教えてもらいました。

新色の中から「可愛い」と思ったものが正解!

アイシャドウとチーク、リップは最新のものから選ぶと間違いありません。ファッションの流行がシルエットやサイズ感に表れるように、メークでは色と質感を時代に合わせて変えると古臭い印象にならないはず。選ぶ時は、理屈よりも直感的に「可愛い!」と思ったものにトライ。眉とアイライン、リップラインがちゃんと描けていれば、どんな色を選んでも美しさは損なわれないはず。それでも迷うなら、くすみを目立たせる黄み系より赤み系を基準に。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 藤原美智子さん
美容学校卒業後、’80年より松永タカコ氏に師事。約2年半に及ぶアシスタント時代を経て独立。以降、42年間美容の第一線で活躍。’22年4月19日をもってヘアメークの活動を終了。

同じブラウンでも〝赤み〟を選べば今っぽい♡

左:リップも黄みより赤み系が安心。質感の流行は毎年変わるので、最新作から肌馴染みのいい色をセレクト。ディオール アディクト リップスティック 100 ¥4,950(パルファン・クリスチャン・ディオール)、右:長年慣れたブラウンシャドウを手放せない人も、赤み系を選ぶだけでトレンド顔に。サンク クルール クチュール 869 ¥8,360〈数量限定〉(パルファン・クリスチャン・ディオール)

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』8月号掲載
撮影/峠 雄三〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/藤原美智子 モデル/橋本マナミ スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) 取材/大山真理子 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事