レジェンド藤原美智子さん「大人のリップライナーは3本必要!」

42年間のヘアメーク人生で、藤原美智子さんがずっと変えなかったのは「リップライン」。トーン違いのリップライナーを3本を持っていれば、どんなタイプのメークにも対応ができるんだそうです。藤原美智子さん直伝のリップライナーテクニックをぜひ習得して。

リップラインはトーン違いの3本があればどんなメークにも対応可能!

トレンドは変化しますが、42年間、眉、アイラインとリップラインはずっと同じでした。各パーツの輪郭を本来あるべき形に整える役割なので、トレンドに影響を受けないのです。ポイントは、正しい位置を覚えてセオリー通りに描くこと。そして、最後にアウトラインを調節すること。同じように描いても、ぼかせば自然に、ぼかさなければシャープにと印象が変わります。大人の知性は細部の処理に表れるもの。少し練習が必要ですが、必ずマスターしてください。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 藤原美智子さん
美容学校卒業後、’80年より松永タカコ氏に師事。約2年半に及ぶアシスタント時代を経て独立。以降、42年間美容の第一線で活躍。’22年4月19日をもってヘアメークの活動を終了。

使うのはこれ!

リップライナーと口紅の色をきっちり合わせる必要はありません。やや赤みのあるベージュブラウンを基本に、ブラウンより&赤みよりの3本があればどんなメークも◎。

左から、コンスピキュアス リップライナー 12 ¥3,850(Amplitude)、プレシジョンリップライナー9072 ¥2,970 (NARS JAPAN)、リップライナーインクデュオ 03 ¥2,860(SHISEIDO)

メークの仕方は?

①下唇中央のエッジ部分からスタート
②底辺から口角を船底形に結ぶ
③上唇は色素通りに描いてOK
④最後にエッジを優しくぼかす
大人にとってのリップライナーは流行ではなく、若々しい唇を作るマストアイテム。薄くなった唇でも20年前の立体感を取り戻せます。

①若々しさの決め手となる下唇から。色素が残っている部分ではなく、一番膨らんでいる場所のエッジ部分にラインを描き、②印から口角までを結びます。軽く微笑みながらササッと描いて。③色素が残っている山部分〜口角は色素通りに。④リップを塗った後、ティッシュを指に巻いて軽く当ててぼかして。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』8月号掲載
撮影/峠 雄三〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/藤原美智子 モデル/橋本マナミ スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) 取材/大山真理子 編集/長谷川 智