【40代の2022年最新髪型】どこから見ても美人なおしゃれボブ

どこから見ても美シルエットのボブの秘密はカットに秘訣が。Sui表参道の代表・冬木さんが「40代50代におすすめ!」と教えてくれたのはフェイスラインに沿った内巻きと首筋に沿ったハネでこなれて見える、今どきボブ。カットオーダーのポイント3つを教えてくれました。

フェイスラインに沿った内巻き&首筋に沿ったハネで360度美フォルムのこなれ感

佐々木美穂さん 38歳 主婦
韓国風の薄いバング、乾かすだけでハネる絶妙なレングスと毛先、フェミニンな顔周りのサイドレイヤーで、大人のかわいらしさとカッコよさが同居したこなれボブに。
Side
Back

カットのポイント1:前髪は断然韓国風薄めセンターラインをとる

前髪の奥行きはごく薄く、頭頂までセンターラインをしっかり分けサイドバングにします。顔周りの髪が多くなるので表情は大人っぽく見えてきます。

カットのポイント2:乾かすだけでも外ハネするカット

アイロンスタイリングで外ハネさせるのではなく、首筋から肩のラインに沿った毛流れを利用したカットを繊細に重ね、手櫛ドライでも外ハネするカットに。

カットのポイント3:フェイスラインを包むようなサイドレイヤー

多めの顔周りの髪でニュアンスのある表情が作れます。重くならずにフェミニンなフェイスレイヤーは、小顔にも見え、女性らしい色香あるボブに一役。
カットしたのは……Sui表参道 代表 冬木慎一さん
「若い人も年齢を重ねた人も、オーダーに差がなくなりました。むしろ大人の女性こそ、なりたいボブに挑戦することで洗練と若々しさを手に。後ろ姿のフォルムにこだわる人も増えています」☎︎03-6455-5802

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』8月号掲載
撮影/平林直己(BIEI)、古水 良、杉本大希 取材/金子美智子 編集/佐久間朋子
PICK UP
注目記事