リアーナも愛用!つけるだけでイイ女になる2大香水ブランド

自分の香りを見つけたい大人世代。何を使っていいのかわからないなら、憧れの素敵な人が使っている香りが参考になります。フレデリック マルとキリアンも、数々の海外セレブが愛用する香水ブランド。通り過ぎた時にいい香りが残る女性になるための、2022年夏のフレグランスを提案します。

素材も香りも至高。二人の貴公子が作った2ブランド

予算と時間は制限しない、と自ら選んだ調香師たちの才能を引き出す香りの編集者フレデリック・マル。祖父がパルファン・クリスチャン・ディオールの創設者で、叔父は映画監督のルイ・マル。一方、ソルボンヌ大学卒業後、一流の調香師の下で修業を積んだキリアン・ヘネシーはコニャックで有名なヘネシー家出身。幼い頃から本物に接して美しいものに囲まれた生活をしていた彼らは、ラグジュアリーとは何かを熟知しています。創造の源は文学や絵画、映画など。傑作を前にして恥ずかしくない最高級の素材を使用するのは彼らにとって当然のことです。香りもまた芸術であり、それは決して欠けてはいけない日常でもあるのです。

フレデリック マル/FREDERIC MALLE

400本のローズを一つのボトルの中に入れるほどのクオリティ
左:ドヌーヴは老舗メゾンの香りからF・M愛用に。破滅という名のセクシーなムスクノート。フレデリック マル ムスク ラバジュール 100ml ¥34,100(ブルーベル・ジャパン)中:【カトリーヌ・ドヌーヴ使用】レモン、ベルガモットなどシトラス系が立つ。フレデリック マル オードゥ マグノリア 100ml ¥34,100(ブルーベル・ジャパン)右:【ナオミ・キャンベル使用】400本のバラのエッセンスを贅沢に処方。フレデリック マル ポートレイト オブ ア レディー 100ml ¥46,200(ブルーベル・ジャパン)
©aflo
2011年12月6日、ニューヨークのバーニーズにてユマ・サーマンとともに。今まで老舗香水店の愛用者でフレデリック・マルのブランド登場によって久しぶりに香りを変える、という人も。

キリアン/Kilian

テーマに関する最も高価な香料を揃える
【歌手リアーナ】がつけている香水があまりにも良い香りで調べたらこれだった、という逸話がある。みずみずしいハニーサックルの香りに始まりマシュマロの甘さ、やがてアンバーの官能的な香りに落ち着く変貌をじっくりと楽しむ。キリアン ラブ ドント ビー シャイ オード パルファム 50ml ¥30,800(ブルーベル・ジャパン)
©aflo
2019年10月11日、ローリング イン ラブを発表。現在は20種以上のパルファムをラインナップ。今月、新作も発売されマニアックなファンを獲得。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』8月号掲載
撮影/河野 望 取材/谷口令子 編集/石原晶子
PICK UP
注目記事