早見優さん「50代で始めたYouTube。編集作業は自分でしてます」

花の82年組として大人気のアイドル時代を送った早見優さん。50代に入ってからはズンバのインストラクターになり、さらに輝きが増しています。早見さんの生き生きと美しくいられる秘訣をアイドル時代の思い出とともに教えていただきました。

常に好奇心旺盛で、等身大の自分でいたい !

お話を伺ったのは……早見 優さん
アクティブに過ごしているのが大好きなので、今日も6時に起きて一通りの家事を終わらせ、EMSトレーニングで汗を流してから撮影に入りました。ハワイでスカウトされ、帰国後6カ月で’82年にデビューしてから2年間は休みが取れなかったですね。

アイドル時代は始発の電車で地方のイベントに行き、当時は歌番組の隆盛期で生放送が基本だったので、出番に間に合うようにスタジオ入り、それが終わって夜中にレコーディング、なんてスケジュールが当たり前でした。さらに芸能活動をしながら、大学進学への勉強もしていたので、目まぐるしい毎日で常に眠くて、お腹を空かしていたけど楽しかったなぁ……と、娘の成長と当時の自分を重ねて懐かしく思ったりします。

現在、娘たちはアメリカに留学中。子供が大きくなって夫婦二人になったことを英語で“Empty nester”というのですが、夫と映画を観たり散歩をしたり結婚当初に戻った感じです。ズンバのインストラクターになったのも、デビュー40周年を記念して始めたYouTubeの編集作業も50代になってから。今が一番楽しい!と思えるように、健康な体、マインドがあることに感謝して、新しいことにチャレンジしていきたいです。

トップス¥26,400(パクイート/チェルキ)スカート¥28,600(グレースクラス/グレースコンチネンタル 代官山本店)ピアス¥28,600、バングル[左]¥41,800[右]¥30,800(すべてシンティランテ/イセタンサローネ 東京ミッドタウン)靴/スタイリスト私物
《Profile》
1966年9月2日生まれ・55歳。3〜14歳までグアム、ハワイで育つ。バイリンガルとバイカルチャーを活かした、世界に発信するNHK Worldの番組が9年目突入。デビュー40周年を迎えるアニバーサリーアイテム第一弾として、2DVD+4CDがセットになった『YU HAYAMI/LIVE1984~1985』がUNIVERSAL MUSICから発売中!また新曲3曲を含むベストアルバム「Affection」を10月12日に発売。

デビュー曲:「急いで!初恋」
デビュー日:1982年4月21日
デビュー時のキャッチコピー:「少しだけオトナなんだ」

アイドルの頃の思い出は?

デビュー曲の「急いで!初恋」は資生堂のキャンペーンソングでした。〝Sweet Sweet Dreaming my Love〟の発音がネイティブすぎると何回か歌い直したのを覚えています。
デビュー当時から、夏のイメージが強かったようで、2年目の1983年に出した「夏色のナンシー」がCMのイメージソングに抜擢。アイドル時代も楽しかったですが、50代は自分時間が増えて有効に使えて、肉体的にも精神的にも充実しています。

50代に入ってからズンバのインストラクターに

エクササイズは楽しくがモットーなので、踊るのが大好きな私にとってズンバは欠かせません。家では常にラテンミュージックを流して振付の研究をしています。

頼りにしている美容アイテムは?

(左)「デンキバリブラシ」を使うと、長時間メーク崩れしないのですごい!(右)サロンで頭皮が硬いと言われて購入したパナソニック「EH-HE9A」。
妊娠中頭痛で悩んでいた時にロンドン在住の友人が贈ってくれたアロマ本。それを機に、日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定1級を取得。
仕事で腸内環境について勉強してから、乳酸菌とビフィズス菌が腸をサポートする、doTERRAの「PBアシスト スティック」を毎日飲んでいます。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/水田 学(NOSTY) ヘア・メーク/伊藤こうこ スタイリスト/菊地ゆか 取材/増野玲奈 編集/佐久間朋子