【疲労回復】橋本マナミさん作・地元山形の味をアレンジしたつけ蕎麦レシピ

女優や美STモデルとして活躍中の一児の母、橋本マナミさんはお蕎麦が大好き!地元山形県の名物肉蕎麦をアレンジしたつけ蕎麦は疲労回復に効果抜群。美味しいだけでなく体にも良い橋本マナミさんのレシピ、ぜひ作ってみて。

【疲労回復に】橋本マナミさんの「ナスと豚バラのつけ蕎麦」

「出身が蕎麦どころ山形。地元の名物・肉蕎麦を私流にアレンジしました。蕎麦は不思議と無性に食べたくなるもので、都内で山形蕎麦の店に出かけたり、地元「扇屋」の蕎麦を取り寄せて食べています。蕎麦屋では日本酒やつまみも楽しみ。お店での贅沢な蕎麦の食べ方は、ざる蕎麦に日本酒をかけ、それを麺つゆにつけて食べる方法。美味しくておすすめです」
教えてくれたのは……女優・橋本マナミさん(37歳)
【材料】(2人分)
蕎麦…200g
麺つゆ…適量
薄切り豚バラ肉…150g
ナス…2本
生姜…ひとかけ
ごま油…大さじ1
砂糖…小さじ1
小ネギ…適量
糸切り唐辛子…適量
白ごま…適量

【作り方】
❶ナスは小さめの乱切りにし、塩水に浸けて軽くアクを抜く。キッチンペーパーで水気をとる。
❷フライパンに油はひかず、5cmほどに切った豚バラを香ばしく炒め、焼き色が付いたら取り出す。
❸そのままフライパンにごま油大さじ1を加えナスを炒める。火が通ったら豚肉と合わせる。
❹鍋に麺つゆを入れ、包丁で叩いた生姜、水、砂糖を入れ火にかける。沸騰後豚肉とナスを加え5分ほど煮る。
❺つけ汁を器によそい、刻んだ小ネギ、糸切り唐辛子を盛り付け、茹でた蕎麦を冷水で締め水気を切りお皿に盛る。お好みで白ごまをかけて食べる。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/福本和洋(TAKMI)、結城剛太 フードスタイリスト/YUKO(+ design) 取材・編集/金子美智子