おうちで簡単!蕎麦ソムリエが絶賛する【腸活そば】レシピ

一年中を通して美味しく食べられる蕎麦(そば)。かけそば、盛りそば、山菜そばなど食べ方はたくさんありますが、蕎麦はもともと美容成分も豊富。具材と合わせればその美容効果も無限大です。蕎麦ソムリエライターおすすめの腸活蕎麦で、お腹から綺麗になりませんか?

【乳酸菌発酵で腸活!】蕎麦ソムリエライターの「みぞれすんきそば」

「すんき漬けとは長野県木曽地方の伝統的な乳酸菌発酵漬け物で、全国でも珍しい塩を使わない赤カブの葉を使った漬け物。すんき蕎麦は郷土料理で酸味が爽やかな健康食。腸活ブームもあり密かに健康マニアの間で話題です。手打ち蕎麦の野趣溢れる味わいにはまり、粗挽き、田舎蕎麦を探して、都内の蕎麦屋巡りを週一でしています」
教えてくれたのは……美STライター/蕎麦ソムリエ 金子美智子(54歳)

\これが「すんき」/

【材料】(2人分)
蕎麦…200g
麺つゆ…適量
すんき漬け…100g
クレソン…適量
大根…15㎝
糸削りのかつお節…適量
練りごま…大さじ1
ごまラー油…大さじ1

【作り方】
❶大根はおろして軽く水気を切る。カットしてあるすんき漬けは袋から出し、クレソンは食べやすい大きさに切る。
❷茹でた蕎麦を冷水で締め水気を切り、器に盛り麺つゆを注ぐ。
❸蕎麦の上にすんき漬け、大根おろし、クレソンを盛り付け、糸削りのかつお節をのせる。
❹ごまラー油と練りごまを混ぜて添え、お好みで食べる時にかける。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/福本和洋(TAKMI)、結城剛太 フードスタイリスト/YUKO(+ design) 取材・編集/金子美智子