【松嶋菜々子さん】40代で気づいた幸せの基準

その顔立ちと表情、立ち居振舞いから仕草に至るまで、つい見入ってしまう美しさを放ち、ひとたび話し始めると鈴を転がしたような美声に惚れ惚れ。伝説のドラマ「家政婦のミタ」から10年経っても、あの演技が脳裏に焼き付いて離れない比類なき女優・松嶋菜々子さん。子育てに仕事にと邁進してきた40代の今を振り返っていただきました。

気持ちはラクに、ケアはシンプルに。人にも仕事にも誠実に向き合った40代

お話を伺ったのは……女優・松嶋菜々子さん
自信があるパーツは胸筋とか。「胸と背中を鍛えたことで姿勢を保ちやすくなり、タイトで美しいスーツも着こなせるようになりました」
《Profile》
'73年神奈川県出身。'96年NHK連続テレビ小説「ひまわり」のヒロインに抜擢され、'97年『恋と花火と観覧車』で映画デビュー。以降、映画、ドラマ、CMなど話題作に多く出演。映画『リング』『ホワイトアウト』『眉山』『祈りの幕が下りる時』など、ドラマは大河ドラマ「利家とまつ」「魔女の条件」「救命病棟24時」シリーズ、「やまとなでしこ」「家政婦のミタ」など。
30代の頃悩んだ健康面。時間はかかりましたが、筋トレを始めたことで、少しずつ元気になり、「体がラク」と思えたのが42歳でした。ところが次にきたのが、ゆるみ。腰回りにお肉がつき、たるみを感じた時、体重コントロールより締めることを意識。それまでの筋トレの習慣で体の基礎が備わっていたので、持っている筋力に運動量を少し増やすだけで変化に抗え、気持ちもラクに受け止められました。

むしろ、それまで夕飯の炭水化物を減らしていたのを止めて、3食バランスよく食べることを心がけたほど。というのも、「納豆ご飯が美味しくて3杯も食べちゃったの」と何気なく話す母がつるつるの肌をしているし、「毎週、薬膳料理を食べに行くけどビールだけはやめられないわ。その分よく歩くの」とポジティブな言葉を仰る70代の知人もツヤツヤでいい感じのお肉が付いていて、とても素敵なんです。だからこそ、しっかり食べて艶を大事にしたいと思いました。40代以降は食事をちゃんと食べ、甘いものも楽しむように。ただ差し障りのない、15時前後に食べることが多いかな。とはいえ夜の外食では、デザートまでいただくしメリハリが大事ですね。

逆にスキンケアは1工程のみで、中学生の時に使っていたニベアがいいかも、省けるなら省きたい、とどんどん簡単になりました。運動で血流が良くなり、結果的に顔色が変わったことも理由の1つです。でも最近は、美容液やアイクリームなどのアイテムを増やしています。ある女優さんが楽屋に10種類のコスメを並べられていると聞いて刺激されました。

私はこれ!と化粧品を決めるより、化粧水で保湿が足りなければ、こってりしたクリームで補うなどバランスを取っています。今はブースターのバラカのハス花 ブースター セラムがお気に入り。起床後は肌が乾燥していたのが、朝まで潤っているので、半年間リピートしています。こだわりはお風呂上がりに間髪入れずにつけること。陽を浴びた日や、飛行機に乗った後はシートパックをするようにしていますが、あまり美容女子じゃないんです(笑)。

最近、美容好きな娘が日焼け止めを塗り直すのに感化され、「偉いなあ。じゃあ私も」とやっとメークの上からスプレータイプの日焼け止めを塗り直すようになりました。美のモチベーションは、仕事、健康、自分の理想、この3つの要素かな。

女性は絶対的に時間が限られる子育てが、人生にも美容にも密接に関わってくるでしょ?その中でどんな遍歴を辿るかでその後の方向も決まってくると思います。子育てが落ち着いた今は、自分に時間をかけられるようになり、書道を始めたり、友人とランチもします。

基本、家にいるのが好きなので、片づけや植木の植え替え、Netflixで映画やドラマを楽しむ余裕も持てるように。今はとてもバランスが取れて、上手くいっています。でも問題や悩みは常に抱えているし「幸せ」について、あまり考えたことがないけれど、美味しいご飯を食べた、家族が健康、とか、有難いことがいっぱいあれば幸せなんでしょうね。とすれば、今、とても幸せかな。いつも人を大切にして誠実でいたい。善い行いも悪い行いもすべて自分に返ってくるから、善いことを積み重ねながら日々を過ごしていきたいですね。
ストレス解消は涙を流すこと。「ドキュメンタリー番組やYahoo!ニュースですら泣いていたりしています。泣いたらスッキリする年齢になりました」
《衣装クレジット》
ジャケット¥110,000、スカート¥63,800(ともにジョン ローレンス サリバン)イヤリング「クラッシュ ドゥ カルティエ」[PG]¥990,000、リング「クラッシュ ドゥ カルティエ」[PG×オニキス]¥742,500、ブレスレット「ジュスト アン クル」[PG×DIA]¥6,600,000、時計「パシャ ドゥ カルティエ」[PG×レザーストラップ、35mm、自動巻き]¥2,046,000(すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)※Tシャツはスタイリスト私物

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』10月号掲載
撮影/中村和孝 ヘア・メーク/面下伸一 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) 取材/安田真里 編集/漢那美由紀
PICK UP
注目記事