美肌すぎる【美女医・奥村智子先生】が毎晩やっているスキンケアって?

医学的知識とコスメを見抜く力を持ち、忙しい日々を送るドクター。プライベートを覗けば、効率的な美容法が分かるはず!そこで、毎日オペをこなしながらも、圧倒的な美肌を誇る美女医・奥村先生に密着。夜のスキンケアメニューを教えていただきました。

その美肌は女医界No.1!

教えてくれたのは……美容皮膚科医・美容外科医・形成外科医 奥村智子先生
ルクスクリニック院長。美容外科手術を得意とする経験豊富な美女医。美STファミリードクターとして誌面でも活躍中。メディア出演も多く先日NHKの番組でも特集されて話題に。

夜はバイオミメシス ヴェールで湿潤環境ケア。睡眠時間を有効活用

寝る前もエスト「バイオミメシス ヴェール」を。時短重視なので、美容液を塗って頰の広い部分中心に噴射するだけ。潤いヴェールが寝ている間に水分と油分のバランスをコントロール。翌朝の肌感触が心地よく、ツヤとキメ、潤い、化粧ノリもアップします。調子が悪い時ほど違いを実感。続けることが大事です!

美容で仕事スイッチをオフに。スキンケアもサプリも厳選したものだけ

<朝も夜も基本のスキンケアはゼオスキン>

朝晩とも「バランサートナー」→「デイリー PD」を。 季節や肌状態によって「RC クリーム」も。夜はトナー前にスクラブを使い毎日ピーリングも。レチノールをさらに高濃度で配合した製品を使う場合は、夜のみに。

<厳選したサプリはすぐ効果がなくても信じて飲み続けます>

日課はワカサプリの1包で3,000mg摂れるビタミンCとカルシウム、髪のサプリ「おぐし」、遺伝子を修復する補酵素として話題のNMN「Puerfons12000」。サプリは効果実感が数年後の場合も。信じて続けるのが基本です。

<夜のストレッチは仕事モードをオフする儀式>

最近は忙しくジムになかなか行けないので、寝る前のストレッチを習慣にしてむくみを防止。リラックスも深まる気がします。20時過ぎにはアロマを焚き、ヒーリング音楽もかけ、ダウンライトにしてオフモードに。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』10月号掲載
撮影/大瀬智和 ヘア・メーク/Sai 取材/大山真理子 編集/浜野彩希
PICK UP
注目記事