【40代・50代の基本のメーク】向井志臣さんが教えます!メーク下地の正しい選び方

若い頃のメークのままではダメだとわかっているけど、どこから新しくしたらいいの?と悩んでいる40代・50代も多いはず。まずはメークの基本をもう一度おさらいしましょう。

下地はあくまでもファンデの接着剤。トーンアップ系は厚塗り見せの原因に

下地の役割は、肌の凹凸をフラットになめらかに整えて、ファンデとの密着度を高めることのみ。無理にトーンアップさせると顔が首の色から浮いてしまいます。透明な下地がオススメです。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 向井志臣さん
’96年資生堂入社。『マキアージュ』の広告メークや商品開発も担当。シンプルなプロセスで極上ツヤ肌に仕立て時間が経っても崩れない圧巻のテクニックは業界内でも評判。

40代におすすめのメーク下地

左から、ウォーターベースでべたつかず、紫外線もカット。ピュア キャンバス プライマ ー プロテクティング SPF30・PA+++ 50ml ¥4,200(ローラ メルシエ)、凹凸にフィットし、磨き上げたような陶器肌に。RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N EX-04 SPF6・PA+ 30g ¥3,500〈3月1日限定発売〉(RMK Division)、美容液の軽やかさとブランド史上最高レベルのUVカット力を実現。ポール & ジョー プロテクティング ファンデーション プライマー 01 SPF 50+・PA++++ 30ml ¥3,500〈3月1日発売〉(ポール & ジョー ボーテ)

50代にオススメのメーク下地

乾燥が気になるならしっとりタイプを選んで。左から、リッチな感触のUVクリームは下地としても優秀。ルナソル グロウイングデイクリームUV SPF40・ PA+++ 40g ¥4,500〈3月6日発売〉(カネボウ化粧品)、美容成分を配合。潤い感がずっと続く。エスト ロングラスティング プライマー SPF17・PA++ 25ml ¥4,200〈2月28日発売〉(花王)、塗ると馴染んで、美しいツヤ肌が長時間持続。NARS ティンティッドグローブースター 全2色 30ml ¥4,500(NARS JAPAN)

下地選びのポイント

OK
NG
選ぶべきは透明感の出る下地。肌にのせたらスーッと馴染んで見えなくなるものが正解です。白やピンクなど肌色を変えるものは厚塗りに見える原因に。下地は接着剤。肌色を整える役割はファンデに任せましょう。

美ST読者からのQ&A

Q. 乾燥しているせいか、いつもツヤ不足です......
A. 乾燥しがちな50代は、無色のツヤ下地をチョイスして。
50代も下地選びの基本は同じ。使用量も同量でOK。もし乾燥によるシワやカサつきが気になるなら、透明下地の中でも保湿力が高いものを選べばより安心です。

Q.
薄く塗ると日焼け止め効果が不十分?
A. 気になるなら下地前に無色の高SPFUVを
多くの下地には紫外線カット機能が。規定量で防御力は十分です。もし量を増やしたいなら、下に透明の日焼け止めを使って薄く重ねるのが化粧崩れしないコツ。

2020年『美ST』4月号掲載
撮影/城 健太〈vale.〉(人物)、五十嵐 洋(静物) モデル/前田ゆか、神戸蘭子 ヘア・メーク/向井志臣〈Three PEACE×SHISEIDO〉 スタイリスト/桑代 愛 取材/大山真理子 編集/浜野彩希