化粧品を山ほど使う人を救う、一つで多機能の韓国版【時短コスメ】は?《韓国ビューティ》

ソウル文化社「Woman Sense」2020年3月号

韓国女性のスキンケアは6~9ステップ

ある化粧品会社の調査によると韓国女性は化粧品を昼に12.9個(メーク製品を含む)、夜に6.5個を使う、という結果が出ました。スキンケアの手順もヨーロッパの女性は2~3ステップ、日本人女性は5ステップなのに比べ、韓国人女性は6~9ステップと多いのです。

その理由として、外見至上主義、マーケティング効果、消費者を混乱させる製品ネーミングなどが考えられます。自分が使っている製品が他ブランドのどんな製品と同じ目的なのか分かりにくく表記されていること、今までなかった新しいものだと思わせるマーケティングも一役買っています。塗る順序、段階などもさまざまなので、他の成分と効果、ネーミングなどで、自分が持っていない製品だと考え、使わなくてはいけないような不安感が大きくなるのは当然かもしれません。

韓国スキンケアのジャンル分けはこれだけある!

美STに寄稿している化粧品会社のブランドマネージャー、キム・ミスさんが「はっきりとした決まりがあるわけではないのですが」と、韓国のスキンケア製品の一般的なジャンル分けを教えてくれました。

1:トナー、スキン =透明な化粧水(呼び方が違うだけ)
2:ローション =不透明で瑞々しい乳液
3:エマルジョン =(日本で言うところの)乳液(韓国ではあまり使われない)
4:エッセンス、セラム =美容液(セラムはトロリとしたイメージ)
5:アンプル =濃縮されたエキスの美容液
6:クリームの種類
水分クリーム=保湿効果のある軽くて瑞々しい(ジェルタイプに近い)クリーム
保湿クリーム=保湿効果のあるクリーム剤形のクリーム
機能性クリーム=リフトアップやシワ改善、美白クリーム
(韓国では機能性許可を得ないとアンチエイジングという言葉を使えません)
栄養クリーム=デイクリームにもナイトクリームにも使える総合的なクリーム

日本と微妙に違っていて、韓国のコスメショップに行って「これは何だろう?」と思った経験もあるはず。韓国女性はこの中から、スキン、ローション、エッセンス、アンプル、水分クリーム、栄養クリームを使う人が多いそうです。最近では人気のあるオイルも、ここにプラスすることが多いとか。

化粧品が全部、肌に入るとは限らない

しかし、この数多くの化粧品がすべて肌に入っているのでしょうか? ワイン皮膚科のキム・ホンソク院長は「肌に塗る化粧品が全部吸収されるわけではありません」と言います。水に近いタイプであればあるほどよく吸収され、オイル含有量が高いクリームであるほど吸収されない。基本的にクリームやオイルは肌表面に保湿膜を形成し、水分を外部に奪われないように保護する役割と、長時間肌の表面に残り続け保湿を助ける役割をするため、吸収の意味よりは留まりながら守ってくれる用途として活用されます。だからこそ、効率のいい使い方をしなくてはなりません。

《1》重複するタイプの化粧品をスキップ(省く)

《2》現在、自分の肌がどんな状態で、何を望んでいるのか観察する時間を持つ

《3》今の肌が一番望む成分、必要な成分、または機能に焦点を合わせ、不必要なスキンケア手順を減らす

《4》時間を空けて10~20秒程度余裕をもって十分に染み込むようにした後、次の製品を塗る

《5》特に問題のない肌状態であれば保湿クリームで顔、目元や首のラインまで一緒に

数を減らす「スキップスキンケア」のポイントは?

朝、乾燥した肌にトナーを使った後、アンプル、そしてローションとクリームを使い、最後にUVクリームまで塗ったのなら、この時敢えてローションを使わずにアンプル、クリームの順に進めば、一つ化粧品を減らすことができます。ローションはクリームより油分含量が少なく水分量が多いため密閉力が落ち、前段階ですでに水分量の多いトナーやアンプルを使っているため使わなくても結果的には大きな差はありません。
また、水分クリーム、栄養クリームの代わりに二つを同時にケアしてくれる保湿エッセンス、もしくはアンプルを使うこともスキップケアの方法の一つ。
美白、シワ改善、リフトアップなどの特別な目的のための有効成分がある製品は、トナーの次に使うことを忘れないでください。
WEクリニックのチョ・エギョン院長は「トナー、モイスチャライザー(どんなジャンルでも可)、サンカット剤、この3つは絶対にスキップしてはいけません」と強調しています。

一つで何役もできる優秀韓国【時短コスメ】BEST3

〈SKINRx LAB〉 オールインワンの働きをする、【クリーム化粧水】

SKINRx LAB /マデセラクリーム ダブル エッセンス
トナー 1本で肌を整える高保湿クリーム化粧水。ピンクのマデセラクリームと、パンテノールが主成分である水分層の2層で、「黄金比率イチゴ牛乳トナー」と呼ばれる。ツボクサから抽出したマデカソサイドが弱った肌を落ち着かせ、β-グルカンが優れた保湿力をもたらす。PRアシスタントマネージャー・イ・セウンさん「高保湿クリームですが吸収が早いのでベタつきがまったくなく、一日中しっとりしています。メークの前に塗れば化粧ノリも良くなります」。150㎖ 2万9千ウォン

《どんなブランド?》

マデカソサイドとセラミドを配合したマデセラクリーム(MadeCera™️Cream )をメインに、体や肌に及ぼす影響を分析し、最適な処方を引き出す研究を進めています。

《買えるのは?》

「A LAND カロスキル店」ソウル特別市江南区論峴路175キル 78。地下鉄3号線・新沙駅8番出口から徒歩10分。

〈ジョンセンムル〉 リキッド→クリームに質感が変化する【水(ムル)クリーム】

ジョンセンムル/エッセンシャル ムルクリーム
リキッドからクリームテクスチャーに変わる。エッセンスのように低粘度だが、肌に伸ばすほどに栄養豊かなクリームを塗ったように仕上がる。必須脂肪酸と類似した構造を持つレシチンがバリア効果を、スクワラン、発酵パールエキスで保湿をし、8つのホワイトフラワーから抽出されたコンプレックスでブライトニング効果を出す。50㎖ 5万3千ウォン

《どんなブランド?》

著名メイクアップアーティストのジョン・センムルさんが作った、日本でもメイクアイテムが人気のブランド。スキンケアも成分にこだわり、メイクを美しく仕上げる効果がある。トレンドを追うことより、自分だけの美しさを見つけることをポリシーにしている。
代表でありメイクアップアーティストであるジョン・センムルさん。

《買えるのは?》

「JUNG SAEM MOOL PLOPS」ソウル特別市 江南区狎鴎亭路12キル 40。地下鉄3号線・新沙駅8番出口から徒歩7分。

〈セラムカインド〉 アンチエイジングクリームが不要の【光彩セラム】

セラムカインド/ユース アンド グロウ
抗酸化に効果的な紫根と、「ビタミンの木」と言われる山紫オイルカプセル2,500個が入った、ダブルアンチエイジング「光彩セラム」。『東医宝鑑』の中の紫雲古義薬剤として知られる再生原料「紫根」の根からだけ採れるシコニン成分が肌を再生させ、抗酸化に効果的。30㎖ 4万ウォン

《どんなブランド?》

ビーガン、Non-GMO(遺伝子組み換えではない)、パラベンフリー、エコパッケージを掲げるブランド。クリーン&ビーガンの自然のままの希少原料を使用し、有害成分や動物性原料は不使用。
2020年FWニューヨークファッションウィーク、「PRoenza Schouler」にてバックステージメイクアップのためのスキンケアを担当。

《買えるのは?》

「CHICOR 弘大AK店」ソウル特別市麻浦区楊花路188、1F。地下鉄空港線・弘大入口駅5番出口から徒歩1分。

 

Information

 

SKINR×LAB

https://www.instagram.com/skinrxlab/

 

ジョンセンムル

http://www.jsmbeauty.jp/

https://www.instagram.com/jsmbeauty_/

 

セラムカインド

https://www.instagram.com/serumkind/

ソウル文化社「Woman Sense」2020年3月号
30年の歴史を持つ韓国の女性月刊誌。20~50代の幅広い読者層を持ち、韓国のヘアサロン、エステサロン、病院のどこの待合室に必ずあると言われる存在。
〈エディター:ソン・ジョンウン アドバイス:チョ・エギョン(WEクリニック院長) 
キム・ホンソク(ワイン皮膚科院長)〉
©WOMAN SENSE, ALL RIGHTS RESERVED.

翻訳/ETSUKO UEHARA 韓国取材/東山サリー 編集/石原晶子 
※美ST2020年6月号掲載記事に加筆