これで完璧!汗で落ちない白髪レタッチもファンデも知識も!【夏の白髪染め】対策

新型コロナウイルスの蔓延もあり、サロンに行く回数を減らしたい……でも白髪は伸びてくるしどうすれば……。そんな切実な悩みを解決する夏の白髪対策をヘアサロンや毛髪診断士さんなどに聞きました!

白髪が多くても夏を乗り切れるカラーのタイミングは暑くなる直前がおすすめ

梅雨が終わるタイミングで暑くなる直前にスタート。頭皮に負担をかけないよう1カ月後はレタッチ、翌月に2回目のカラーを。

夏におすすめの白髪染めは髪の根元を少し濃く!

髪の根元を少し濃いカラーにして、毛先はノンアルカリタイプのカラー剤でケアすることで傷みにくく色が落ちにくくなります。

【汗落ちしない白髪レタッチ】、汗に強いのはこの3つ!

白髪30%の毛束を白髪が隠れるよう丁寧にレタッチし、汗の代わりにホホバオイルを馴染ませブラッシングして落ち具合を確認。試した5つのうち、2つは色落ちが発覚!この3つは汗に強いことがわかりました。

左・コーム型ヘアカラー。まったく色落ちせず優秀。髪をとかすように塗ると綺麗に仕上がります。グローイングショット カラークイックブラシ ブラウン¥2,400(ポーラ)

中・スポンジコームで塗りやすくほとんど色落ちなし。乾いてからの指通りも良好。4色展開で合う色が見つかる。リクイール ヘアコンシーラー ブラウン¥2,000(カネボウ化粧品)

右・すぐに馴染み、乾くのも早い。ほぼ色落ちせず触った感じも自然。ゴワつきを抑えたしなやかな仕上がりのマスカラタイプ。ブラッシングヘアカラー 自然な褐色¥1,300(資生堂)

海やプールに行く前日に白髪染めはNG!せめて3日くらい前にして!

カラー剤が残留し水素結合が切れている状態の髪は、濡れているだけでも傷みやすく、塩分や塩素はたんぱく質にダメージを。

事実!【白髪隠しファンデ】は汗で全然落ちない!

ファンデーションのように簡単に使えて、しかもサロンレベルの白髪用コンシーラー。スロウヘアカラーコンシーラー ブラウンレギュラー¥2,800(ビューティーエクスペリエンス)
生え際の白髪の気になるところにファンデのように塗り、汗で落ちないか、コンシーラーを塗ったところに1分間蒸しタオルをのせて色落ちするかを検証しました。結果、タオルは真っ白のまま。まったく色落ちしていません。これなら夏も安心して使えそう。でもシャンプーでは簡単に落とせます。

色が抜けにくいカラーリングは【ブラウン】

ブラウンはカラーのなかでも髪にとどまりやすい色なので、夏はブラウンを多めに混ぜてもらうと褪色しづらくなります。

明るい日差しで白髪がキラキラ……上手な隠し方は【ハーフシニヨン】が便利

頭頂部の白髪が多い場合はハーフアップにまとめてトップの髪を引き出せば、ふんわりした中にうまく白髪が隠れます。
束ねた毛束をぐるぐる巻いてシニヨンにすれば、表面の白髪もカバーできてオシャレなまとめ髪に仕上がり一石二鳥。

ヘアカラートリートメントは汗などで肌につきやすくなるので要注意

ヘアカラートリートメントも基本的にはいいと思いますが、汗などで褪色するのは否めません。その際肌につくこともあるので、使用するときは注意して。

カラーリングの持ちをよくする方法はずばり髪が濡れている時間を最小限に!

カラー直後はキューティクルが開いているので、髪が濡れたままだと染料が流れ出てしまうことも。しっかり髪の水分を取って。
2019年『美ST』9月号掲載
撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、大槻誠一〈静物〉、楠 聖子〈プロセス、静物〉 モデル/田口千恵子(TEAM美魔女) ヘア・メーク/菊池かずみ、大山美智 取材/佐藤理保子、伊藤恵美、古川延江 編集/長谷川 智、浜野彩希、長谷川千尋