女医オススメ!今食べたい、体の中から美肌になれる【美肌料理】

ついに夏本番!外からの紫外線ケアはもちろんですが、全身くまなくケアするなら体の中からケアすることが有効です。どくたーでもありメディカルフード研究家でもある関 由佳先生に夏の時季に有効な料理を教えてもらいました。

朝食にはプチトマト味噌汁

味噌には抗酸化物質メラノイジンや腸内環境を整える善玉菌がたくさん。ビタミンCやリコピンが豊富なトマトと合わせれば最強の美白コンビ。

常備しておきたいトマト麹

トマトジュース200㎖、乾燥麹50g、塩10gで作るトマト麹はアミノ酸やポリフェノールたっぷり。冷奴やサラダにかけるなど使い方も簡単。

おつまみにはサーモン&チーズ

サーモンには美白効果のあるアスタキサンチンが、チーズに含まれるビタミンB₂は脂質の代謝を促進し、皮膚を健康に保ってくれます。

おやつはアボカド納豆

アボカドのビタミンEには血行促進作用、納豆のビタミンB群は皮膚の細胞を活性化させるので、健康的で生き生きとした美肌に。

小腹が空いたらアーモンド&ダークチョコ

アーモンドには食物繊維や若返り効果のあるビタミンEが豊富。ダークチョコレートのポリフェノールも美白作用が期待できます。
教えてくれたのは……内科医・味噌ソムリエ・ メディカルフード研究家 関 由佳先生
美肌・美白には腸内環境を整え細胞を活性化させることが大切。素材の持つ役割を知って、効率よく日々の食事に取り入れるようにしてください。
2020年『美ST』7・8月合併号掲載
撮影/大槻誠一、小林愛香 取材/安西繁美、伊藤恵美、浦崎かおり、菊池真理子 編集/佐久間朋子