マスクでも好印象!夏の【ブルーみメーク】で疲れ顔知らず

老けない・疲れて見せない・トレンドで気分もあげたい。そんな要望を叶えるのはブルーみコスメ。ブルーのハイライト効果で疲れ顔を一掃。夏でもマスクな日々の好印象ブルーみメークをヘアメークアップアーティストの佐藤エイコさんに聞きました!

ハイライト効果抜群のブルーで疲れて見せない

マスクをつけても、取っても溢れ出る透明感は、ブルーのおかげ。ハイライト効果でくぼみ目もふっくら、肌のハリもUPで若見え効果も狙えます。

\withマスクだとこんな感じ/

【EYE】アイシーブルー×グリッターで抜け感と遊び心

マスクの日、アイメークが濃すぎるとキツくなるため、ペールトーンで薄めに。代わりにグリッターの部分使いで気分をあげましょう。
アイホールにスティックシャドウEを指でのばし、Aの左上のターコイズを重ね、Bの左上のブルーパール入りホワイトをまぶた中央にのせます。Cのライナーをキワに細く引き、白目をクリアにするマスカラDを塗って仕上げ。A サンク クルール クチュール 279 ¥7,600(8/7発売予定)(パルファン・クリスチャン・ディオール)、B ルナソル アイカラーレーション EX04(限定色)¥6,200、C ルナソル フラッシュクリエイター EX04(限定色)¥3,000( ともにカネボウ化粧品)、D ミネラルロングアイラッシュ03 ¥3,800(MIMC)、E コフレドール アクアシャインミニシャドウ 04 ¥1,200(編集部調べ・数量限定)(カネボウ化粧品)

【EYEBROW】いつもより薄めが◎ヘルシーなソフト太眉

マスクをすると眉を含めた目元が強調されます。角度のついた形や黒々とした眉色は、キツイ印象になるので、眉はいつもより薄めに。
パウダー左右の色を筆に取り、眉頭は描かず、やや太め&フラットに仕上げれば好印象に。きめ細かいパウダーで、ふんわり立体的な眉に。パーフェクト ブロウ パウダー BR20¥4,000(エレガンス コスメティックス)

【BASE &LIP】マスクの下はシルキー肌×マットリップでさらりと

Cのブルー下地を全顔に塗って肌のくすみを払い、Aのパウダリーファンデでマスクにつかないさらっと肌に。頰や鼻などハリを持たせたい箇所にDの中央と上のカラーをのせます。リップはパウダリーなマットタイプを直塗り。A SPF35・PA++++。シンクロスキン セルフリフレッシング カスタムフィニッシュ パウダーファンデーション 全5色¥5,200(本体、スポンジ)¥1,200(ケース) 、B モダンマット パウダーリップスティック 530 ¥3,600(編集部調べ)(9/1発売予定)(すべて資生堂インターナショナル) 、C アウト オブ サイトコントロールカラー02 ブルー¥2,500(マリークヮント)、D トランスルーセント プレストパウダー リフィル03¥4,300 コンパクト¥2,500(アンプリチュード)
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 佐藤エイコさん
圧倒的な清潔感と繊細な仕上がりのメークで、女優やタレントから支持の高いヘア・メークアップアーティスト。ilumini主宰。
2020年『美ST』7・8月合併号掲載
撮影/柴田フミコ(人物)、大槻誠一(静物) ヘア・メーク/佐藤エイコ(ilumini) モデル/松本若菜 スタイリスト/菊地ゆか 取材/吉田瑞穂 編集/長谷川千尋