動画でわかる!かぶりまぶたのお悩みを岡野瑞恵さんが【アイメーク】で解決!

上まぶたのたるみが深刻化、アイメークしても腫れぼったく、目元の印象が弱くなってきたという岡部さん。年齢とともに誰もが悩むまぶたのたるみ。目が小さく見えるのでメークも見直しが必要です。締め色の入ったシルキーマットの肌に馴染むブラウンカラーは、ちりめんジワを目立たなくし、まぶたにメリハリ感をもたらします。 目を開けたときに隠れてしまう二重部分に引き締めカラーを太く入れると、自然な影ができて、目元のホリが深く見えます。強すぎるパール感はシワが目立ち、腫れぼったくなるので要注意。また仕上げのアイラインも大胆に入れて、目の印象を強めます。極太ラインで目力復活! ぜひ試してみてくださいね。

まずは岡野メークを動画でチェック!

【今月のテーマ】

かぶりまぶたのアイメークがわからない

目元は見た目年齢を大きく左右するパーツ。加齢に伴いまぶたも重く、目力も弱まって優しい印象へ......。アイシャドウの選び方や簡単に実践できるテクニックでかぶりまぶたもスッキリ! 瞳の輝きも引き立ちます。眠い目返上で、生き生きと目力UP!

\使うのはこれ/

(右)引き締めラインが簡単に描ける濃淡ブラウンを装備。重ね塗りしても濁らず美しいグラデーションで骨格を強調、目を大きく見せます。¥10,340(トム フォード ビューティ)、(左)速乾性に優れ、描きやすく小ジワにもにじまず、太めのラインもきつく見えない、ナチュラルで女性らしいダークブラウン。¥3,300(エレガンス コスメティックス)(4/18発売)

アイメークの
Okano’s Point!


シルキーマットの引き締めカラーで

極太ラインを仕込む

 

 

かぶりまぶたは、二重部分にダークブラウンを仕込み、まぶたに影を入れて引き締めます。パール感の強いアイシャドウはかえって膨張して見えるので、シルキーマットなタイプでメリハリ感を。仕上げのブラウンのアイラインで、目パッチリ効果大です!

【今月の美魔女】

岡部ゆみこさん(51歳)

女将業からモデル、セミナー運営など幅広く活動中のため、第一印象の決め手となるメークも常に研究。コスメは、デパコスからプチプラまでいいと聞けば、即取り入れています。
お気に入りのオレンジ色のスカートはトップスをインしてウエストを強調した着こなしにすると、スタイルよく見えます。トップスの白シャツで顔まわりもスッキリ引き締めます。

\遠近メークの仕上がりがこちら/

シルキーマットのアイシャドウで仕込む、極太締めラインで品よく目力UP!

眠い目卒業! 上品なアイメークで、春の元気を纏うパステルカラーも爽やかに

ニット¥8,250カーディガン¥9,900 (ともにハッシュニュアンス)パンツ¥25,300(ソブ/フィルム) パンプス¥17,050(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店) イヤリング¥6,480(アビステ)バングル¥33,792(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)

岡部さん、いかがでしたか?

驚くほど目力が復活しました。「洗顔しないでずっとこの顔でいたいな!」(笑)。最近まぶたが腫れぼったく、タレ目になってきたので、目元を強調するメークを心がけていましたが、逆にこじらせてました。まずはアイシャドウパレットを更新して、明日からアイメークの練習をします!

\教えてくれたのは/

岡野瑞恵さん
ヘア&メークアップアーティスト
大人の女性の魅力を最大限に引き出し、ナチュラルなのに印象に残るメークが評判で女優やモデルから引っ張りだこ。巧みな話術で現場を明るく盛り上げる、飾らない人柄も魅力。


2021年『美ST』5月号掲載
撮影/岩谷優一〈vale.〉(人物)、五十嵐 洋(静物) スタイリスト/平沼洋美  取材/中井川桂子  編集/小澤博子