メークしたまま寝ちゃったら、朝にやるべき【レスキュースキンケア】4つ

あまりに疲れてメークを落とさず寝ちゃった!そんな負担のかかった肌を助ける方法は?コスメコンシェルジュの小西さやかさんとヘアメークの長井かおりさんが肌に負担をかけないレスキュー方法を4つ教えてくれました。

1:湯気を浴びて毛穴に入ったメークを落としやすく

毛穴の奥の汚れを落とすために湯船に浸かるか、無理なら洗面器やコップの蒸気を顔に当てて、毛穴が開いてからクレンジングを。(小西さん)

2:寝落ち後の肌はゆらぎ状態。負担が少ないスキンケアを重視

お肌に優しいクレンジングも保湿化粧水タイプ、乳液タイプ、ジェルタイプなど様々。好みの洗い上がりやテクスチャーで選んで。(長井さん)左から:オーミセラーデマキアントヴィサージュ¥6,600(クレ・ド・ポー ボーテ)チャントアチャーム クレンジングミルク¥2,750(ネイチャーズウェイ)薬用Cクリアクレンジングジェル¥3,850※7月27日発売(ドクターケイ)ビオデルマ アトデルム インテンシブクリーム¥3,300(NAOS JAPAN)

3:毛穴やくすみが気になる…美容液は肌の状態を見て使い分けて

肌の調子を見て、くすみや毛穴の開きなど気になる肌悩みに適した美容液をプラス。肌に優しくみずみずしいものならメークのりも◎。(長井さん)左から:トワニー ブライトニングαセラム[医薬部外品]¥11,000(カネボウ化粧品)セルアドバンスト セラムWS¥14,300(カバー マーク)

4:コスメの浸透力が1.8倍に!?夜用に手持ちのコスメをバージョンアップさせておく

入れておくだけで化粧品に含まれる水分子クラスターを細分化して肌への浸透力を高めるコスメボックス。Binno¥35,200(DENBA JAPAN)
教えてくれたのは……コスメコンシェルジュ 小西さやかさん
日本化粧品検定協会・代表理事。化粧品や美容の正しい知識を広めるため、国内外で幅広く活動。自らも1児の母として多忙を極める。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 長井かおりさん
トレンドを踏まえた理論的なテクニックとわかりやすい解説で、雑誌・広告・インスタライブなど幅広く活躍する同世代メークさん。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/須藤敬一 モデル/樋場早紀 ヘア・メーク/長井かおり スタイリスト/菊地ゆか 取材/奥原京子 編集/鈴木ヒナタ
PICK UP
注目記事