《30年間ビューティ担当のベストコスメ》【第44回】クマや目元のたるみに効く!クラランスのアイセラム

1986年に日本上陸したクラランスが本国フランスで初めてアイケア製品を出したのは1966年。当時は乾燥ケアが中心でしたが、現在は内外ストレスの増加により、目元の老化は深刻度を増しています。しかし効果実感を得るのに時間がかかり、アイケアは続けにくいと言われるのも確か。もっと簡単に効果を出したい、という願いを叶える新アイケアが、使う楽しみまでプラスして登場しました。

今月の殿堂コスメは、クラランスの「グラン アイ セラム V」

\ここがすごい/

1 : 目元の毛細血管壁を強化することが大事
2 : 水分&老廃物の排出と肌の引き締めまでできる
3 : アジア人のためのアプリケーターで簡単ドレナージュ

グラン アイ セラム V 15㎖ ¥6,930(クラランス)。瞼の重さとクマにアプローチして、すっきりとした明るい目元に導く美容液。目元の微小循環の流れが遅くなると、過剰な血液と水分が漏れ出すことがむくみとクマの原因になることに着目。内外のストレスから敏感な目元を守ります。余分な水分や老廃物を流すドレナージュ効果を高め、ピンと張った明るい目元に。クラランスには現在、グラン アイ セラム Vを含め6種類のアイケア製品があり、悩みによって選べる。2021年6月18日発売。

〝引き締め〟のエキスパートが作った美容液は私たちの目元にフィットするアプリケーターで効果アップ

続くマスク生活に目元ケアはますます重要になっています。でも、アイケアはコツコツと行う長期戦。さらに、きちんと塗れているのか、指の圧の強さはこれでいいのか、確信がないことも多々あります。しかし朗報!アプリケーター一体型アイセラムが最近多く登場しています。これは地道な作業を楽しくし、つける量も明確、圧の強さに気を遣わずに、クーリング効果やマッサージ効果も期待できる優れモノ。中でも使い勝手がよく、くすみも取れて、引き締まり目がパッチリする!と思ったのは、クラランスの「グラン アイ セラム V」です。シワ改善の優秀なクリームは豊富ですが、私の悩みはクマやたるみ。目元のむくみやくすみ解消と引き締め効果がメインのアイケアが必要でした。

〝引き締め〟に関してクラランスはエキスパートです。1996年日本で爆発的に売れたボディ用「リフト マンスール」、1998年日本人の小顔願望に応えて作られた「リフト マンスール ヴィサージュ」。加齢によって伸びた肌に溜まっている老廃物と水分、滞っているリンパを流す。シワは厚みの間にできる溝だから、過剰な重量を減らせばシワだってなくなる。急に痩せると皮膚がもたつくので引き締めとピンとしたハリを持たせる。グラン アイ セラム Vも、その3つの基本を踏襲しています。


目元は毛細血管が密集し、真皮への栄養、水分、血液色素を運んでいる微小循環が多いところ。皮脂腺が少なく保護膜も薄い目元は、加齢、紫外線、ストレス、睡眠不足の影響を受けやすく、血管壁が脆く薄くなります。そうすると血液や水分が漏れ出し、色素はクマに、水分はむくみになります。だからまず、脆くなった毛細血管壁を強化することが重要。クラランスはアイリッシュモスという低水温の中に生息する淡水藻を新たに採用。これは細胞同士の結合に関与するタンパク質の増加を促進し接着力を高め、それによって微小循環の流れがスムーズになります。マロニエもまた、エスシンという成分が毛細血管壁を強化し、微小循環を促進するドレナージュ効果を兼ね備えています。


オーガニックシバムギは、脂肪細胞生成を抑え、使い続けることで引き締まった肌に。水分を溜めこまないワイルドジンジャーがむくみを減少させ、ガラナやグリーンコーヒーが水分の排出を促進。オーガニックカラスムギは肌にフィルムを形成し、瞬時に引き締まった肌を実感できます。クマは、メラニン生成を抑制するハゴロモグサによって軽減。その他にまつ毛ケアのためのパンテノール、大気汚染やブルーライトから守る植物由来成分も。これだけの植物由来成分を入れて完成するのに4~5年かかりました。

そして注目のアプリケーターは、眼窩がへこんだ西欧人向けでなく、瞼が重いアジア人のために作られています。今まで優秀で斬新なツールを作ってきたクラランスらしく、アジア人の骨格と瞼の形を長年研究して、目元にジャストフィット。縦にして瞼にピタッと収まるプレス効果がとても心地よく、凹凸のある目元にもれなく塗布できる。また使っている間、ひんやりした感覚が続くクーリング効果のある金属をこのために採用しました。

クラランスの発想の原点は1954年にパリにオープンしたエステティックサロンです。毎日お客様の肌を触り、声を聞くなかで、目元の乾燥に対応する専用化粧品が必要だと実感し、1966年という早い時期に初のアイケア製品「アイ コントアー ジェル」をリリース。女性の体に関するどんなことも逃さない、美しさと健康のためなら常識にとらわれない、という精神で、ボディマッサージツールの先駆けである「マルチマス」や、海で泳いだ時に胸にハリを感じたことから水流が刺激になるのではないかと研究を始め、家庭の水道の蛇口に取り付ける回転水流式バストマッサージ器具「モデル バスト」などユニークな製品を誕生させています。前述のスリミングコスメやセルフタンニング、アンティキャピトンなど、クラランスによって初めて知ったこともたくさんあります。


思いついた時は「そんなのあり?」と思うことかもしれないけれど、研究を重ねエビデンスを得て、素材の組み合わせ方、配合量、入れるタイミングなどを吟味し、人の健康と美に良いものを料理のように心を込めて作る。そんなクラランスの自由な発想と丁寧なモノづくりに、今、グラン アイ セラム Vを通して、改めて魅力を感じています。


\使っています♡/

背後のスイッチを押すと一回分が出ます。指を離してもジェルが元に戻らないのが優秀(意外にこの基本が大事)。化粧水の後、朝晩1プッシュで片目、約2カ月もちます。同封の説明書に「A リラックスメソッド」が載っていますが、リラックスすることが化粧品の効き目をよくするという観点で、クラランスとしては初めて使用前のメソッドを掲載したそう。このリラックス3ステップで目の疲れがとれるので、会社で仕事の合間にもよくやっています。次にプッシュしたジェルをアプリケーターで上瞼と下瞼になじませ、下瞼の目頭からこめかみに向かって優しくプレスし、上瞼も同様に。あとは指先で両方の目頭からこめかみに向かって優しくプレスし(これも上下瞼)、人差し指でまつ毛を撫でるようにして終わりです。アプリケーターのひんやり具合もリフレッシュ効果抜群で、目がパッチリと開くようになります。
30年間ビューティ担当
編集 I
『JJ』時代から美容を担当。 スーパーモデルブーム、 日本上陸前のM·A·Cをブレイクさせる。愛ある視点で厳しく化粧品を選び、「コスメは感動!」が信条。美ST ONLINEでの連載「30年目のコスメ愛」も好評。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』11月号掲載
撮影/河野 望 イラストレーション/大沢かずみ 編集・文/石原晶子