【美魔女が変身!】老けて見える「目元の影」を自然に消す方法|岡野瑞恵さんの若見えメーク

アイメークは頑張るけど、マスクで隠れるベースメークは薄膜仕上げ……。それだけでは気になっている目元の影やシミ、くすみなど肌のノイズが目立ち、お疲れ顔になっていませんか?ベースメークでひと手間を惜しまずに影を消せばマスクを外した瞬間にも自信が持てます!

目袋が目立ってきたら、【コンシーラーの濃淡使い】で目袋の影を消してエイジレスな横顔に

メークしてもらったのは……TEAM美魔女 天野いつかさん (42歳)
大きな目が印象的な天野さん、最近は目袋のたるみが目立ってきて、目元強調メークをしてもマスクをつけると老けて見えるのが悩み。また、まぶたのたるみも気になるので、メークの前のメザイクは必須だそう。せっかくメークしても、かえって目元の影が目立ち、老けて見られてしまうのは残念です。そんな時こそメークで肌の影を一掃しましょう。コンシーラーで肌ノイズを消し、フェイスパウダーで健康的な血色感と光を足して若々しい印象に仕上げます。簡単なテクニックで目袋を目立たせないようにすることが可能です。必要なところをしっかりカバーすればナチュラルに顔立ちまでスッキリ。まずは余計な肌の影を消していきましょう。

ニット¥19,000 (ノーク バイ ザ ライン/ノーク) ネックレス¥15,950 ブレスレット¥20,570〈ともにソコ〉 リング¥10,340〈フルオブグレイス〉 (すべてZUTTOHOLIC)
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 岡野瑞恵さん
抜け感のあるナチュラルなメークで、大人の女性の魅力を最大限に引き出す名手。現場を明るく和ませる話術と温かい人柄も評判で、数多くの女優、モデルからの指名が絶えない。

\使ったアイテムはこれ/

(左)多次元的に輝くパールピグメントを高配合、肌に理想的なツヤを与え、1日中続く美しい仕上がりを叶えます。DIOR ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 06 コーラル グロウ¥6,380 ※9/17発売(パルファン・クリスチャン・ディオール)(右)色と光を巧みに操る4色のコンシーラーパレット。あらゆる肌悩みを一掃、厚塗り感ゼロでナチュラルに仕上げ、立体感まで演出します。ADDICTION アディクション スキンリフレクト フレッシュコンシーラー 002 Beige ベージュ¥4,950(アディクション ビューティ)

【メークのポイント】目袋のたるみの影は、コンシーラーでファンデより一段暗い色をなじませてからライン部分を肌色に合わせた色で整えます

コンシーラーはパレットタイプをセレクト。目袋の影部分は暗めの色に調整してから面で全体に塗布して丁寧になじませます。さらに影の際部分に、明るい色を少量を薄く重ねて、肌になじませます。仕上げにフェイスカラーをかけ光の効果で立体的に。

1:ベースで肌全体の毛穴や凸凹、色ムラをざっとカバーします

ベースを額、両頰、鼻先においてから丁寧に指でなじませ、毛穴や凸凹、色ムラを修整してナチュラルに肌ノイズを消します。肌色になじむヘルシーベージュ。RMK スムースフィット ポアレスベース 04 SPF6/PA+ 35g ¥4,180(RMK Division)

2:ファンデはごく薄く、頰から周囲へ薄く広げて仕上げます

キレイな肌を生かしてファンデはごく薄く。肌よりワントーン暗めの色を頰から塗り始め、フェイスラインに向かうほど薄くなるようにのばします。ダブル ウェア シアー メークアップ 全4色 SPF20/PA++ 30㎖ ¥6,600(エスティ ローダー)

下まぶたのキワはノーファンデ&ノーコンシーラー

ファンデやコンシーラーは涙袋あたりまでで止めて、まつ毛キワまで塗りません。ギリギリまで塗ってしまうと、厚塗りに見え、自然な影まで消してしまうので、かえって目が小さく見えます。あいた隙間はアイシャドウのみで薄く仕上げます。

3:コンシーラーは最初に暗めの色で影を消してから肌色を調整します

最初から明るくするとかえって目立つので、A,Bを混ぜながら肌より一段暗めに調整、指で目袋の影になっている部分に置きぼかします。次に鏡で確認しながらC,Dを混ぜ、影の際をファンデに浮かないようなじませます。大きなシミや小鼻横の影も同様の手順で。アディクション スキンリフレクト フレッシュ コンシーラー 002 Beige ¥4,950(アディクション ビュティー)

4:微細なパールのフェイスパウダーで血色良くふっくらと整えます

ブラシに適量取り、頰からこめかみや耳に向かって塗布。最後にブラシに余ったパウダーを顔全体にふわっとなじませます。(左から)ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 06 コーラル グロウ ¥6,380※9/17発売(パルファン・クリスチャン・ディオール)、NARS パウダーブラシ#13 ¥6,490(NARS JAPAN)

仕上がりはこんな感じ

気になる目の下の影を消そうとカバーしすぎて、自分メークは厚塗りで平面的な印象に。見た目に影響する影を丁寧に消せば立体感が生まれてナチュラルな仕上がりに。それぞれのパーツも調和して、大きな目が印象的な優しい雰囲気になりました。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』11月号掲載
撮影/天日恵美子〈人物〉、 五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/岡野瑞恵(STORM) スタイリスト/平沼洋美 取材/中井川桂子 編集/小澤博子
PICK UP
注目記事