\ドクターに聞いてわかった!/ヨーグルトを食べる時間はインナーケアのゴールデンタイムだった!

もっとキレイになりたい! いつまでも若々しく健康でいたい! と、スキンケアだけではなくインナーケアも重要と考える女性が増えました。でも、漠然とインナーケアを行っていても効果を実感できないかもしれません。内科、分子整合栄養学が専門のドクターに「効率のいいインナーケア」を教えていただきました。
緊急美魔女座談会!
私たち、インナーケアってちゃんとできてる?
トータルビューティーアドバイザーの坂村かおるさん・54歳(右)や美腸ナースの岡本智子さん・42歳(中)、美魔女一美肌なモデルの世良マキさん・38歳(左)が、インナーケアについて語り合いました。3人ともインナーケアの重要性を以前から実感し、食生活や生活習慣に気をつけているも、ご自身のケア法がベストなのかどうか不安があることも告白。

坂村さん「腸の手術をしてから腸の働きが悪くなってしまったので、より効率のいい腸活を試したいんです!」
岡本さん「30代より腸内環境はよくなりましたが、ストレスやホルモンバランスで乱れやすいのが悩みです」
世良さん「努力はしていますが、外食では何も気にせず好きなものを食べる機会もあるので完璧ではなくて…」

情報交換を深め、目的意識を持って効率よく内側からキレイになれるものが見つかりそうです。
\アンケートで判明/
さすが美ST読者のインナーケア意識は高い!
なのに腸内環境には自信がないみたい…?
もっと効率よく実感するにはどうすればいいか知りたいんです!
40代、50代を中心とした読者84名を対象に、インナーケアに対する意識調査を実施。やってはいるけど、その効率や実感は? 読者の本音が見えてきました。
Q1.インナーケアのためにしていることはありますか?
98%の人がインナーケアをしていることからインナーケアの重要性が判明!食事やサプリを挙げた人は76%、運動やヨガを第一に挙げた人は10%ほど。他には腸マッサージ、ビオスチーム(発酵野草蒸し)、ファスティング、高濃度ビタミンC点滴なども。
Q2.インナーケアのために毎日食べているものはありますか?
〈毎日食べているもの〉
1位 ヨーグルト 31人
2位 納豆 22人
3位 味噌汁 4人
インナーケアのために毎日食べているもののうち、58%の回答が発酵食品!1位はヨーグルト、2位は納豆、3位が味噌汁という結果に。発酵食品がインナーケアにいいという認識が高いことがわかりました。
Q3.ヨーグルトを食べている目的は?
多くの人が腸内環境を良くしたい、と意識してヨーグルトを食べていることがわかりました。
Q4.インナーケアのためにサプリを摂っていますか? 何種類?
美ST世代はサプリのチカラも借りて補っている人が多いみたい。その理由として「年齢とともに摂取できなくなるものはサプリで摂りたい」「40代以降は食事だけでは栄養素が不足しがちだから」「腸内バランスを更に良くするためには食事からでは不足してしまうから」など多くの人が食事だけでは足りないと感じているようです。
Q5.自分の腸内環境に自信がありますか?
さすが美ST読者! 半数以上が自信ありと回答。でも腸内環境を意識してインナーケアに取り組んでいるにも関わらず、腸内環境に自信がない人は46%という結果になりました。その理由として「なんとなくやっているので、自分の体質に本当に合っているのか自信がない」「時々、腸の調子が悪いと感じる」「良いと実感していても健康診断結果の数値を見ると改善の余地や年齢を加味した対応が必要かも」など、美ST世代は、以前よりも腸の働きが悪くなる転換期かもしれません…。
〈結論〉
あれこれやっているけど効率がよくないのかも?
腸活しているけれど、
効果を実感している人が少ない!
アンケートから美容と健康のためにインナーケアは重要だと多くの人が考えていることがわかりました。しかし、色々と腸活をしているけれど、効果を実感している人は少なく、半数近くの人が自分の腸内環境に満足していないことが浮き彫りに…。

ヨーグルトを食べる目的として「お通じを良くしたいのと、しっかりと栄養を吸収する環境を保ちたいから食べています」「腸内環境はお肌にも影響するし、腸がすっきりしていると浮腫みやだるさもなく体のバイオリズムが整うため、毎日を元気にすごしたくて」「体質的に便秘がちなので、日頃積極的に乳酸菌や食物繊維を摂るようにしています。便通が良くなるとお肌の調子も良くなるので、気をつけています」という意識の高い声も寄せられましたが、それでも腸内環境に自信がない、良い効果を実感しにくいと感じている人が多い現状があるのはどうしてなのでしょうか?
そんな読者の悩みに「ちょっと待って!」
ドクターが提言!
美腸と美容は一緒にやらないともったいない!
教えてくれたのは……
マブチメディカルクリニック院長
馬渕知子先生
専門は、内科・皮膚科学、アンチエイジング医療、分子整合栄養学。学校法人食糧学院副学院長も務め著書多数。テレビ・雑誌・講演会で活躍中。
どんなに栄養や美容成分を摂っても、腸でしっかり吸収され体内で活用されなければ意味がありません。まずは、栄養や美容成分などが吸収されやすい腸をつくるために「意味がある腸活」を始めること。ヨーグルトを始めとする発酵食品はオススメですが、ビフィズス菌や乳酸菌がバランスよく含まれているものがより良い腸内環境をつくり、栄養の吸収を高めてくれます。よい状態を維持するためには、毎日継続して摂取しましょう。

次に気を配ることが、美容に役立つ成分を最大限活かすこと。そのような中で注目されている成分が還元型コエンザイムQ10。コエンザイムQ10は全身の細胞を活性化してくれるので、様々な成分の力を効果的に発揮させるために不可欠です。

せっかく毎日ヨーグルトを食べるなら、その時間をうまく使うことが重要です! 腸内環境を整えた時こそインナーケア成分が吸収されやすいタイミングなのです。漠然と発酵食品を摂るのではなく「腸活」と「美容」が一緒にできる機能性成分を含んだヨーグルトを選んでみてください。

私のオススメは夕食後のヨーグルト。腸は夜22~翌2時までの間が最も活発に活動する時間帯と言われており、乳酸菌やビフィズス菌が腸内で活動しやすいからです。さらに、生きたまま腸に届けるためにもよい時間帯。ただコエンザイムQ10は脂溶性なので、ヨーグルトと一緒ならばいつ食べてもその効果が期待できますよ。
インナーケア迷子さんにはこれ!
お腹ケアする菌と、インナーケアにオススメのコエンザイムQ10。
一緒に摂れる〝超効率的〟ヨーグルトがあります!
わたしのチカラ Q10ヨーグルト 149円〈編集部調べ〉(カネカ)
● ビフィズス菌+3種の乳酸菌を配合
● 還元型コエンザイムQ10が1日の推奨摂取量100mg摂れる!
● 砂糖ゼロ、脂肪ゼロ、42kcal
● 可愛いピンク色が目印♡ しかも美味しい!
美ST×カネカの
あげてこ!「自力インナーケア」プロジェクトで
もっと綺麗になりませんか?
人に頼らずに自分のチカラで、目的意識を持って。腸を整え効率よく栄養をチャージして綺麗になる! そんな今求められる内側からの美容を「自力インナーケア」と題して特集しています。

▼あわせて読みたい!

お問合わせ先/カネカ食品
https://www.kanekashokuhin.co.jp/contact/inquiry.html
撮影/中林 香 ヘア・メーク/Sai イラスト/ヒラノトシユキ 取材/楠沢順子