マスク生活で40代、20代にまでゆるみ出現!?ドクターシーラボ「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」で母娘で #マスクゆるみ 撃退!

マスクに隠されて人目に晒されなくなった下半顔は、ゆるみの温床となりエイジングの加速に悩む40代、50代が激増中! しかし、これはエイジング世代だけのお悩みにあらず。ゆるみなんてまだまだ先の話! と油断している20代にもマスクゆるみの危機はひたひたと迫っているのです。未来の美肌のためにも、今こそ母娘2世代でのゆるみケア共同作戦を始めてみませんか?
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 120g¥9,460(ドクターシーラボ)
マスク生活も2年目に入り、ふとマスクを外した時の顔の変化に「あれ?」と感じた人も多いはず。何とかしたいけれど手のかかるスキンケアは苦手、という人たちの厚い支持を集めているのが、ドクターズコスメのパイオニア、ドクターシーラボのロングセラー「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX(以下エンリッチリフト)」。2007年の発売以来、進化を続けた信頼の名品が、世界初で浸透発酵コラーゲン配合。スーパーシンプルケアなので一品投入するだけでマスクゆるみにも負けない、ハリと弾力に溢れた潤いに満ちた肌へ導きます。
世界初配合:ビューティー&パーソナルケアカテゴリー商品においてアスペルギルス/ハイドロライズドコラーゲンファーメントフィルトレイトを世界主要国で初めて配合。(Mintel社データベースを用いた当社調べ 2021年8月)
浸透:角層まで 発酵コラーゲン:アスペルギルス培養物(整肌・保湿成分)
ゆるみ:ハリのない状態

マスク生活2年目
#マスクゆるみに悩む人は
今までの約3倍に急増!

2021年度8月ドクターシーラボ調べ(n=600)
2021年8月時点での調査によれば、マスク着用による #マスクゆるみ を実感している人は2020年と比較して約3倍にも及ぶとの結果が。ほうれい線、口角、フェイスラインなどマスクに覆われる下半顔のゆるみだけでなく、顔全体の肌ゆるみまで、マスク生活による〝顔のゆるみ〟がニューノーマル時代の深刻な問題になっていることが判明。
・サンプル数:計601名・調査対象:25歳~59歳の女性・調査期間::2020年7月22日(水)~24日(金)・調査方法:インターネットリサーチ
マスク生活+在宅勤務で人と会う機会が圧倒的に減ったことにより、対外的な見た目を意識する機会がなくなるせいか、スキンケアはおざなりになりがち。特に、エイジングケアの核となる、ほうれい線、顔のたるみ、ゆるみ、二重あごなど、ゆるみ関連のケアを怠っている、と実感している人が半数を超えているとの事実も。

3つ以上当てはまると要注意!
隠れ〝ゆるみ〟診断リスト

3つ以上チェックがつくと要注意!
ゆるみチェックリスト
上記12項目の中で3つ以上該当した人は要注意! 年齢にかかわらず、ゆるみが忍び寄っている可能性があります。2020年8月の調査では、20〜30代の女性でも83.7%の人が3つ以上にチェックを付けているという結果も。

ゆるみに年齢は関係ない!
娘世代と母世代、気になる
#マスクゆるみ はココ!

ゆるみに年齢は関係ない
美白や保湿、細やかなキメなどに最大限に気を使ってはいても、目尻のシワ、目下のたるみ、クマ、頰のボリュームダウン、ほうれい線、下がった口角、フェイスラインのゆるみなど、母世代のエイジングサインは年々顕著に。さらに肌のアラなどが皆無かと思われた娘世代にも、スマホを長時間見ることなどの影響によるあごのたるみ“スマホあご”などの現象が。

母娘で使いたい!
#マスクゆるみ にアプローチする
#エンリッチリフトEX

朝も晩もたっぷり保湿が基本
ゆるみも乾燥小ジワも絶対に許したくない!

年々ひどくなる乾燥肌には全体にたっぷりゲルを。乾いて小ジワが目立つ目元には念入りに重ね塗りします。在宅時には気がついたら塗る、を繰り返して、乾く隙を与えません。
朝はVC100エッセンスローションとエンリッチリフトEXでスタート。たっぷり保湿でみずみずしく整った肌はメークのりもよく、朝から清々しい気分になれて一日中頑張れます。
母:美STライター 中井川桂子(53歳)
娘:会社員 中井川梨乃さん(24歳)

「マスク生活に入ってからは緊張感が緩んでいるせいか、シンプルなスキンケアに傾きがち。だからこそ一品でも結果が得られるコスメを今まで以上に厳選するようになりました。エンリッチリフトは一品でも潤いがあって大満足。娘には今から将来を見据えたコスメ選びやスキンケアを、と口うるさいほどにアドバイスしていますが、時間のある週末にはお風呂上がりにテレビを観ながら一緒にゲルマスクをしたり、何気なく刺激し合ってケアしています」(母)。「帰宅後に疲れてメークも落とさずに寝てしまうような日々が続いて肌もボロボロに。そんな状況を見かねた母から、『オールインワンなら続けられるでしょ?』とエンリッチリフトを勧められてちゃっかり共有。最近は肌を母に褒められることも。スキンケアやメークも楽しくなり、母とあれこれ情報交換をして楽しんでいます」(娘・梨乃さん)。
乾燥小ジワ:乾燥による小ジワを目立たなくする(効能評価試験済み)

なるべく刺激を与えたくないから
肌摩擦ゼロのシンプルケアを選択

日頃から姿勢や枕の高さなどまで気をつけて首のシワ予防をしているので、顔だけでなく首にも塗るのが私のお約束。ベタつかずにしっかり潤うので首にも快適な使用感です。
マスクを長時間つけた後や生理前に出るニキビは極力刺激しないようにケア。肌に優しく伸ばすだけできちんと浸透するゲルだから揺らいだ時にも肌が満足する保湿が可能。
母:美STライター 平井由美(51歳)
娘:大学生 平井こころさん(22歳)

「エンリッチリフトは10年以上前の発売当時に使っていましたが、久しぶりに使ってみたところ、肌にぐんぐん入る浸透力など、製品の格段の進化に驚きました。娘とは服や韓国コスメを共有するほど嗜好も似ていて仲がよいのですが、最近はエンリッチリフトも一緒に使用。毎日親子で顔から首まで贅沢塗りをしてたっぷり保湿しています。ゲルなのにベタつきもなく、直後にそのままメークできるのも嬉しい」(母)。「10年以上かけてようやく落ち着いたニキビがマスク生活で再発。母からの教え〝肌刺激を避けて保湿〟を守ってより慎重にケアをしています。滑らかに伸びてスッと浸透するゲルでのシンプルケアは肌刺激もなく、ニキビが気になる私でもピッタリで毎日使えます。運気が上がりそうなゴールドのパッケージも大好き」(娘・こころさん)。

時短でも手抜きじゃないケアで
肌調子がどんどん上向きに

お風呂上がりにはゲルを顔に塗ったままゲルパックで寛ぎタイム。長めに肌に乗せておくことでマスクケア同様な効果となって、よりしっとりぷるんとしたハリツヤ肌に仕上がります。
慌ただしい朝はエンリッチリフトだけでオールインワンケアを。一品だけでもしっかりスキンケアができるし、すぐにメークもできるので時短メーク派の私には必須アイテムです。
母:会社員 鈴木真由美さん(48歳)
娘:専門学校生 鈴木友稀菜さん(20歳)

「仕事や家事、趣味のフラメンコの舞台などで分刻みに動く日々なので、お手軽なオールインワンを愛用していましたが、年齢を重ねるごとにどこか物足りなさを感じるように。そんな時にエンリッチリフトを使い始めたところ、潤いとハリ・ツヤに感動! 私の様子に触発されたのか娘も最近使い始めました。サロン情報は娘から学んでいますが、今後はコスメも共有できそうです」(真由美さん)。「ダンスを専攻していて朝早くから夜遅くまで体を動かしているので深夜に帰宅するとスキンケアする余力もないほど。そんな時、母が使っていたエンリッチリフトを拝借してみたら大ファンになりました。肌荒れに悩むこともありましたが、徐々に肌が落ち着いてきたようでスキンケアが楽しみになりました」(友稀菜さん)。

お手入れのシメハリ肌ケアにも
スペシャルパックとしても
オールインワン時短ケアにも
シーンに合わせて万能に使える
オールインワンゲルのパイオニア

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 120g¥9,460(ドクターシーラボ)
肌のハリと弾力を左右するコラーゲンに着目、研究を続けて20年超。幾多の進化を経てアップデートした名品の最新バージョンは堂々の7代目。麹菌で発酵させた世界初の浸透発酵コラーゲンを配合したゲルは抜群の浸透力で角質のすみずみまで潤わせて、マスクゆるみに負けないハリのある肌を叶えます。これだけの一品使いでもスペシャルケアとしても、シーンに応じた多様な使い方で効果を発揮、サラッと浸透してベタつかない心地よいテクスチャーとダマスクローズのほのかな香りも秀逸です。
お問合わせ先/ドクターシーラボ
0120-371-217(8:00~22:00 年中無休)
https://www.ci-labo.com
撮影/城 健太〈vale.〉ヘア・メーク/辻元俊介〈LA DONNA〉スタイリスト/Toriyama悦代(One 8 tokyo) 取材/森島千鶴子