最新Matt美容|永遠の赤ちゃん肌を作る【朝の4ステップ】と【夜の5ステップ】と【ポーチの中身】

徹底された美意識と常に更新される美容法が注目され、今や美容業界を中心として類い稀な活躍を見せるMattさん。美容男子をリードする彼の美容への姿勢は世代性別を超えて参考になります!そんなMattさんの、こだわりの朝晩美容から待望のプロデュースコスメまで、美容愛たっぷりでお届けします!

【朝】はメーク邪魔をしないさらっとしたつけ心地の名品たちでお肌を整えます

Matt Roseさん(27歳)
朝の丁寧なスキンケアが長い1日でも健やかなお肌を守ってくれます。
「Matt化」や美容センス、卓越した音楽センスで一躍人気者となり、TV、CMで大活躍。念願のプロデュースコスメ「EMROSÉ」をついに始動。11月にはフェイスマスクも発売予定。

START▶︎▶︎1:まずは拭き取り化粧水とブースターからスキンケアの土台を整えます

お気に入りのmgb skin「マグワートピュアトナー」で拭き取りしてからKINSの軽いつけ心地のブースター美容液。敏感肌がこれらを使うようになってから安定しています。

2:化粧水と軽やかなシートマスクでW水分補給を毎日

エンビロンの「C-クエンストーナー」でしっかりうるおいを与えたらMEGOOD BEAUTYの「マグワート カーミングマスク」で鎮静させ揺らぎを防ぎます。メークの邪魔をしないさらっと感が◎。

3:大好きなレカルカのお気に入りセラム2種を重ね塗り

レカルカの高濃度抗酸化カクテルと言われる「CFセラムアドバンス」を塗って5分たったら、ヒト歯髄幹細胞培養液を配合した「シムセラムEX」。W美容液で早めの老化対策。

FINISH▶︎▶︎4:保湿ケア・肌のトーンアップ・UV対策がトリプルで叶うデイクリームで完了

最後はエムロゼのデイクリーム。鎮静効果に加え、成分であるアズレンの自然なブルーが毛穴やくすみをカバー。UVカットもできる万能クリームであり下地としても便利。

【BAGに入れていつも持ち歩く3アイテム】

移動先でも肌に優しいもので常に保湿。レカルカの「モイストシャインミスト」とキュレルの「ディープモイスチャースプレー」。唇にはキュレルの「リップケアバーム」。レモン果汁50個分のビタミンCが入った「ビタホリックC」は朝昼晩3粒、多めに飲みます。

【Vanityポーチの中身を公開!】

ヴィトンのヴァニティは名前入り。メーク用品はプチプラも多く、ケイトの「3Dプロデュースシャドウ」、エクセルのアイライナー、キャンメイクのフィニッシュパウダー、クリオのパレットなど。撮影時にはディオールのヴァニティにもコスメを詰めて、しっかりメークに対応。

【夜】はお気に入りのプチプラとドクターズコスメを組み合わせてたっぷりとケア

START▶︎▶︎1:2種類の酵素洗顔をもこもこに泡立てて洗顔

メークが濃いときはシュウ ウエムラ最高峰オイルクレンジング「アルティム8∞」。通常はYouTuber関根りささんプロデュースのCOL’E by Rのクレンジングが敏感肌でも使えてお気に入り。レカルカの酵素パウダーをCOL’E by Rの酵素洗顔料に混ぜて「あわわ」でオリジナルのふわふわなW酵素洗顔泡を作ります。毛穴レスな肌を目指します。

2:お風呂上がりにキュレルのスプレーで顔も体も速攻保湿!

キュレルの「ディープ モイスチャースプレー」はバスルーム用にビッグサイズも常備。お風呂から上がる前に速攻で背中を含めて全身にスプレー、セラミドケアして保湿します。

3:毎晩スチーマーをあてて、スキンケアの土台を整えます

夜はスチーマーを使って毛穴の奥の汚れもしっかり浮かせます。その後しっかりとスキンケアで保湿するから毛穴レスなもちもち肌をキープ。時間があれば朝もスチーマーを使用します。

4:美容液もシートマスクもクリームも、夜は朝よりこっくりとしたアイテムにチェンジ

夜は朝よりこっくり重めのテクスチャーのものに。KINSのブースターはモイストタイプ、シートマスクはヒト歯髄幹細胞培養液とEGFがたっぷり入ったレカルカの「ファビュラスシャインEX」、エンビロンのC-クエンスセラムのビタミンA濃度が最も高い「4+」を使って1日疲れた肌をケア。

5:お肌トラブルも鎮めてくれる高保湿なお守りクリームで完了

最後につけるのはエムロゼのナイトクリーム。UVや大気汚染で揺らいだ肌を主要成分アズレンで落ち着かせ、たっぷり保湿。濃厚なのにべたつかないから睡眠中も快適。

FINISH▶︎▶︎赤ちゃんみたいなつるすべ肌は日々のお手入れの賜物

ベッドサイドにはルイ・ヴィトンやジョー マローンなどラグジュアリーな花の香りのアロマキャンドルを置いて香りを楽しみながら。肌に優しいシルクのパジャマで24時前には就寝して睡眠時間を確保。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』1月号掲載
撮影/高野友也(PEACE MONKEY)<人物/一部静物>、岡崎恒彦<静物> ヘア・メーク/Matt Rose スタイリスト/福田春美<Mattさん分> 取材/中田ゆき 編集/長谷川千尋
PICK UP
注目記事