大変です! 大人の肌は【ランゲルハンス細胞】の危機なんです

最新の知見で肌にも免疫力があることがわかりました。肌のガードマンと言われる特に重要な「ランゲルハンス細胞」は、加齢とともにかなりの負担が!シミやシワを防ぐことにもつながる肌の免疫力向上に重要なランゲルハンス細胞について学びましょう。

\ランゲルハンス細胞って何?/

表皮にあるランゲルハンス細胞は、まさにガードマン。24時間、周りの細胞にビヨーンと手を伸ばして、悪いものと悪くないものを監視しています。侵入物が有害か判断し、全身の免疫系に情報を伝える司令塔の役割を担っています。また、外的刺激への過剰反応を感知すると、自らの手を伸ばして鎮静化し、肌老化を抑える機能もあります。

大変です! 大人の肌はランゲルハンス細胞の危機なんです

肌免疫維持の鍵はランゲルハンス細胞

異物を感知すると手を伸ばして捕獲し、肌にとって有害なものかジャッジ。不要なものは排除する司令を送ります。また、外的刺激に過剰に反応していたら鎮静化。肌の治安維持に大忙しなのです。

加齢とともに数が減ると肌を守りきれない!

現在は大気汚染やストレスの増加等で外的刺激が多いうえ、ランゲルハンス細胞の数は加齢に伴い減少。鎮静化する機能も低下します。肌のより広い範囲を、少ない数の細胞で守らなければいけないのです。

メラニンより上にあるから紫外線で弱りがち

基底膜より上にいるランゲルハンス細胞は、過剰な紫外線を浴びると傷つき、うまく機能できなくなります。そもそも、加齢により細胞の数が減少しますが、紫外線がそれを促進してしまうのです。

ランゲルハンス細胞を助けるスキンケアがおすすめ

「免疫」に着目した資生堂の技術は、世界8カ国で特許を取得。先進技術を搭載し200を超えるアワードを受賞した逸品がパワーアップ。SHISEIDO アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ 30㎖ ¥8,800(SHISEIDO)
ルバーブエキスなど植物エキスや、冬虫夏草エキス、肌フローラに着目した乳酸球菌培養溶解質など15種類の厳選成分を独自配合。しぼんだ肌を立て直し健やかに育みますノエビア。ノエビア セラミューン ¥30,800(ノエビア)

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』2月号掲載
撮影/河野 望〈静物〉 イラスト/パち子 監修/小西さやか 取材/吉田瑞穂 編集/住森英美