【肌の免疫力UP!】夜のスキンケアで気をつけたいこと6つ

若々しい肌を保つために重要な肌免疫力。肌免疫に作用する細胞たちの機能を活性化させるスキンケアアイテムを紹介します。今回は肌修復を高める夜のスキンケア編です。

1:皮膚が33℃でバリア機能が回復するらしい!

冬は外気の影響で体表温度がダウン。スキンケアの効果も落ちます。左から、つや肌へ導く、とろける温感オイル。 DEW ウォームヒュッゲオイル ¥3,850〈編集部調べ〉(カネボウ化粧品)、独自のヒートブースト処方で導入&ハリUP。 橙の成分が上げた皮膚温を60分キープ。ヒートブースター ¥5,280(イー・エス・エス)

\冬は顔の皮膚温が下がっています/

2:夜もゴースト血管対策を

ゴーストリンパ管やゴースト毛細血管研究から、浄化創生のサイクルに着目。シナクティフ イドラタンニュイn(医薬部外品)¥29,700(クレ・ド・ポー ボーテ)

3:大人の敏感肌にもオススメ!肌修復を促す卵殻膜コスメ

左から、卵殻膜成分を配合した、浸透型ジェル。ひと塗りでハリケアを実現。 ビューティーオープナージェル ¥4,950(オージオ)、マヨネーズの会社だけあり、卵成分(卵殻膜、卵黄レシチン)の研究結果を活用。さらに、異なる機能を持つ6つのヒアルロン酸配合。一本でキメ・ハリ・保湿を整えます。ヒアロワン¥7,920(キユーピー)

4:いい香りでストレスを軽くする

上質な睡眠を得るにも、脳にダイレクトに作用する香りを用いて。左から、鎮静効果の高いラベンダーの香り。バンフォード イングリッシュラベンダー センティッド キャンドル ¥5,390(ピューリティ)、25周年を記念した逸品。トワニー ミッドナイトアロマボディクリーム(数量限定) ¥11,000(カネボウ化粧品)

5:新知見! 実は女性ホルモンケアも重要

最新研究によれば、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが増えすぎると、ランゲルハンス細胞が弱まることが判明。エクオールで女性特有の揺らぎを内側からサポート。エクエル ¥4,320(大塚製薬)

6:肌にも質のいい睡眠はやっぱり重要

\一人寝なら/

今は購入前に無料でお試しができる製品も多いから、ベストマットレスを見つけて。自律神経を整えると評判のファイテンの独自素材、メタックスをカバーに採用。マットレスにはシリカ配合。星のやすらぎ エアクレイドル〈シングル〉 ¥49,500(ファイテン)

\夫婦一緒なら/

独自のゼロ・ディスターバンス技術により、隣で寝ている人の動きや振動が伝わらず安眠できる。NEWコアラマットレス〈セミダブル〉 ¥92,000(コアラ)
教えてくれたのは……日本化粧品検定協会 代表理事、東京農業大学 客員准教授 小西さやかさん
免疫とエイジングの関係については、各メーカーが研究開発するなど注目しています。直接&間接的に免疫アップに寄与するテクニックやアイテムを集めました。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』2月号掲載
撮影/谷口 巧(Pygmy Company)〈人物〉、河野 望〈静物〉 モデル/橋本マナミ ヘア・メーク/KIKKU スタイリスト/Toriyama悦代(One 8 tokyo) 監修/小西さやか 取材/吉田瑞穂 編集/住森英美