盛らなくても可愛い!【大人の甘顔メイク】4つのポイントって?

2022年、おしゃれ&メークのキーワードは〝アスフロー〟。盛らないのに甘顔になれる「アスフローメーク」の作り方をヘアメークアップアーティストの千吉良恵子さんに教わります。

マスクのナチュラルメークをアスフローで〝甘く〟アップデート

ほわり質感・じわり血色・まるみフォルム。この3つがかけ合わさったアスフローメークなら、盛らなくても甘顔に。大人の皆さんにこそ試してほしい、この春ぴったりのトレンドメークです。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 千吉良恵子さん
上品とトレンドを両立するメークテクが大人の救世主に。柔和な人柄も魅力。女優やモデル、スタッフや読者と全方位で支持を集める。

1:【Eye&Eyebrow】ポイントは下まぶた!色を盛るのではなく形を丸く

上まぶたのグラデやパッチリまつ毛があざとく見える原因。下まつ毛にポイントを置けば、さりげなく甘顔に。目の縦幅が自然に広がって、丸く黒目がちに見える効果も。眉はナチュラルなラウンドをいかしてやわらかく。
Bをアイホール、Dを上下キワ、Cは目尻下→目頭にしっかりのせたら、Aを黒目下に。どの色も下の目頭側は1/3程度空けると目の縦幅が広がります。ルナソル アイカラーレーション 14 ¥6,820〈1/21発売〉(カネボウ化粧品)
左2色を混ぜ、全体をやや明るく整えたら毛がない箇所にも。眉山下も埋めてなだらかに。パウダーでやわらかい印象に。3D コントロール アイブロウ 101 ¥7,150〈数量限定〉(SUQQU)

2:【Base Make】ツヤをレイヤードし、やさしく輝くセミツヤ肌に

ツヤがあるほど若見えという発想は時代遅れ。内側に光を帯びて表面はサラサラ、動きに合わせ輝く程度のツヤが今旬です。光も血色感もメリハリも、下地で仕込むほうが自然。
左、【ツヤ下地】全顔に薄く塗ったら目の下だけ部分塗りし立体感&透明感に。エレガンス グロウリフティング ベース UV PK110 SPF40・PA++++ 30ml ¥5,500〈2/18発売〉(エレガンス コスメティックス)中、【セミツヤファンデ】顔の中央に適量をのせ外側に広げて。フェイスラインを外すと小顔効果が。ザ リクイド ファンデーション 全23色 30ml ¥11,000 ※SPF、PA値は色番ごとに異なる〈2/10発売〉(SUQQU)右、【ほわりパウダー】部分的にさらツヤパウダーをのせます。薄いピンクならハイライト効果も甘さもプラス。プリズム・リーブル・プレストパウダー No.3 ¥7,480〈2/4発売〉(パルファム ジバンシイ)

3:【Cheek】広く入れたチークの血色感がヘルシーさの鍵

ポイントは色より塗り方。クリーム+パウダーを繊細に広く重ねれば、甘さと血色感、メリハリも狙い通りに。クールな顔つきや面長、骨張りさんも、入れ方次第で可愛くなれます。
Aを頰中央に狭く丸くのせ、上からBをフェイスラインに向かって広く馴染ませると自然な血色に。質感の異なる2色が立体感を演出。ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ 02 ¥4,180(THREE)

4:【Lip】ジュワッと滲むような質感で甘さを表現

唇も質感が肝。グロスのツヤより、マットリップで滲むように薄く染め上げるとヘルシーな甘さに。王道ピンクより黄み系で自分の唇より彩度が高く、くすみが混ざった色を選べば完璧!
直塗り後、空のブラシで唇全体をならし薄膜に仕上げ、軽くティッシュオフ。内側を中心に色をのせ輪郭はアバウトに。ラプソリュ ルージュ ドラママット 274 ¥4,730(ランコム)

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』3月号掲載
撮影/吉田 崇〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/吉村結子 モデル/森 絵梨佳 取材/大山真理子 編集/長谷川 智、長谷川千尋